マイベストプロ岐阜
古田昌也

サービス業の視点と職人技術を兼ね備える鈑金塗装修理のプロ

古田昌也(ふるたまさや)

フルタ自動車鈑金

お電話での
お問い合わせ
058-246-1551

コラム

自動車の保険事故修理について

2015年8月14日 公開 / 2019年5月25日更新

テーマ:自動車保険


こんにちは 岐阜市の自動車キズ・へこみ・板金修理専門工場
青いカンバンが特徴的なフルタ自動車鈑金(古田板金) 古田昌也 です。

交通事故が起こった時に、自動車の修理した費用を、
分担して支払う場合が多くあります。

交通事故の被害者と加害者が、分担をして車の修理費用を支払うというのは、
ただ聞いた感じでは、おかしな感じがしますが、交通事故では
加害者が100パーセント悪くて(100パーセントの過失)
被害者が全く悪くない(0パーセントの過失)というケースは少なく
加害者だけではなく、被害者にも過失がある場合がよくありますので
被害者も車の修理費用を負担しなければいけなくなる場合が多いのです。

もしも、赤信号で停車していて、後ろから追突された場合などでは
加害者の過失が100パーセントとなるかもしれません。

しかし、自動車同士が青信号で、直進と右折で衝突した場合や
信号のない交差点で車同士が衝突した場合になど、多くの場合
どちらにも過失があることが多く、その過失の割合によって
それぞれの車の修理額の支払額が決まっていきます。

実際に算定してみると

例えば、信号機のない交差点で、自動車同士が衝突事故を起こして
一方のA車の過失が40パーセントで、もう一方のB車の過失が60パーセントになったとします。

A車の修理費用に60万円、B車の修理費用に100万円の
修理代がかかったとすれば、修理代金の負担の仕方は、

・AはBに対して、100万 × 0.4(40パーセント)= 40万

・BはAに対して、60万 × 0.6(60パーセント)= 36万

という計算で負担割合の計算がなされ、この結果、AがBに対して
4万円を支払うことになるわけです(40万-36万=4万円)。

過失割合だけ見ると、Aの過失のほうが少ないので
Bに4万円を支払うというのは、納得がいかない話だとは思いますが
実際の交通事故の過失割合の計算では、こういった計算がされますので、仕方ありません。

お互いの交通事故の際の過失割合を、警察の実況見分の結果や
示談交渉の話し合いなどで決めて、その過失割合と、実際の車の修理費用を算定し
修理代と過失割合とを相殺し合って、どちらが、どれだけのお金を支払うかを決めます。

例えば、車同士の衝突事故などでは、同じくらいの修理代になるとは限らず
片方の車の修理代は10万円なのに、もう片方の車の修理代が500万円になることもあります。

事故をした相手も車が、かなり高い高級車だった場合にこういった
修理代500万円などという、めちゃくちゃな修理代がかかってしまうようなことが起こってしまいます。

もし、こういったことになってしまって、任意保険に加入していなかったらと考えると
恐ろしいですので、必ず任意保険には加入しておかないと危険です。

=== 安心・信頼の「くるまの総合病院」 ===

フルタ自動車鈑金
古田 昌也
〒500-8135 岐阜市織田塚町1-12
TEL:058-246-1551
ホームページアドレス
http://www.furuban1551.com/

= くるまをいつまでもキレイにながく経済的に! =

この記事を書いたプロ

古田昌也

サービス業の視点と職人技術を兼ね備える鈑金塗装修理のプロ

古田昌也(フルタ自動車鈑金)

Share
関連するコラム

古田昌也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
058-246-1551

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古田昌也

フルタ自動車鈑金

担当古田昌也(ふるたまさや)

地図・アクセス

古田昌也のソーシャルメディア

facebook
Facebook