マイベストプロ福岡
杉山信二

危険な石積みを崩壊から守るプロ

杉山信二(すぎやましんじ)

九州防災メンテナンス株式会社

コラム

西日本豪雨の被害状況(北九州市)

2018年8月14日 公開 / 2022年1月31日更新

テーマ:災害現場

コラムカテゴリ:住宅・建物

西日本豪雨での災害状況写真



小学校の校庭に崩壊した土砂が流れ込んだ状況



市道を塞いだ崩土(北九州市)




 北九州市が発表した7月5日からの大雨による災害状況(第29報)7月30日(月)15時00分現在では、受付件数2,827件、死者2名、負傷者4名、家屋被害全壊9件、半壊9件、一部被害110件、崖崩れ256件となっています。西日本豪雨の被害では、河川の氾濫による浸水が多かったのですが、北九州市内では崖崩れ、擁壁の崩壊等が非常に多いものでした。擁壁の崩壊については、自然石で築造された石垣や塀用のコンクリートブロックで造られた土留め壁の崩壊が多く、傾斜地だけでなく住宅街でも多く発生しました。

市街地で崩壊した石垣の写真



家屋を壊す土砂崩れ










 国土交通省は、「擁壁は築造から20年経過した頃から急激に老化が進み、50年以上のものは4割で補修工事が必要とされている」と発表しています。

 50年に一度と言われる大雨が頻繁に発生している現在、今までは崩壊しなかった勾配の斜面が至るところで崩壊しています。

 今回崩壊しなかった斜面や老朽化した石積は本当に大丈夫なのでしょうか。

石垣の根石部分から崩壊する斜面



家屋を壊す崩壊した土砂







 この災害でも多くの涙を見てきました。
 崩壊する前に対策を講じることを強くお薦め致します。


北九州市が当社の工法を含む減災工事の融資制度を開始しました。






防災ブログ

プロの崖防災ブログはこちらから

https://www.bousai.co/blog

この記事を書いたプロ

杉山信二

危険な石積みを崩壊から守るプロ

杉山信二(九州防災メンテナンス株式会社)

Share

関連するコラム

杉山信二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
093-692-5348

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉山信二

九州防災メンテナンス株式会社

担当杉山信二(すぎやましんじ)

地図・アクセス

杉山信二のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2018-07-22
rss
崖防災ブログ
2022-09-27
facebook
Facebook

杉山信二プロのコンテンツ