まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ青森
鈴木壯兵衞

青森の新産業創出を支援し知的財産を守るプロ

鈴木壯兵衞(すずきそうべえ)

そうべえ国際特許事務所

お電話での
お問い合わせ
0172-55-5397

鈴木壯兵衞プロのご紹介

技術者を愛する弁理士として地場産業の発展と人材育成に力を尽くす!(1/3)

鈴木壯兵衞 すずきそうべえ

青森市での使命を果たし、独立して弘前市に事務所を開設

 「青森の人は、特許を取ると独占権が与えられ、農林水産業に従事する人が困ると思っている。でもそれは間違った考え。特許は苦労して生み出した新しい技術を、必要な人に活用してもらうのが目的であり、これは、大企業など特定の人に独占させないための権利となる。素晴らしい技術を創案したら特許を取り、みんなで仲良く使う。そうすれば、もっともっと青森県の産業を発展させることができると思うのです」

 そう話すのは、「そうべえ国際特許事務所」の弁理士、鈴木壯兵衞さん。元々、青森は日本でも特許出願率が全国最下位。そうした現状を踏まえて日本弁理士会は平成22年から、弁理士の少ない地域に費用を負担して特許事務所(会設事務所)を設置するという新たな地域支援スキームを創出しました。

 その地域支援スキームの最初の事務所として、平成22年1月に青森市に開設された「日本弁理士会会設青森事務所」の所属弁理士として活躍していた鈴木さんでしたが、平成26年10月で期間満了となり、青森市における5年間の使命を終えています。青森県の特許出願率は依然として低いものの、全国最下位の状態からは脱却しました。その後、鈴木さんは平成26年11月に青森市から弘前市富士見町に移転し、独立した事務所として新規開業を果たしました。

 鈴木さんは東京で1000件以上特許出願した実績を生かし、弁理士の少ない弘前市で自ら特許申請を行うのはもちろん、青森県における特許出願を積極的に支援。中小企業や若手経営者がもっとたくさん特許を出願できるよう、経費を抑えるため弁理士に依頼せず、発明者が自分で作成する特許明細書を特許庁の審査をパスできるレベルまで添削してあげるなど、素人にもわかる出願方法を惜しみなく伝え、丁寧に指導しているのです。

鈴木壯兵衞プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木壯兵衞プロのその他のコンテンツ