まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
小泉秀一

テコンドー指導のプロ

小泉秀一(こいずみしゅういち)

山梨県テコンドーアカデミー 炫武館山梨支部

お電話での
お問い合わせ
090-2543-5207

小泉秀一プロのご紹介

年齢、性別問わず楽しめる生涯スポーツ「テコンドーのプロ」(1/3)

テコンドー指導のプロ 小泉秀一さん

楽しみながら練習できるテコンドー教室

 夜のとばりが下りるころ、甲府市小瀬町にある小瀬武道館から力強い掛け声が響いてきます。声の主はテコンドー教室「山梨県テコンドーアカデミー」の生徒たちと、代表を務める小泉秀一さんです。
 韓国の国技「テコンドー(跆拳道)」は多彩な足技を繰り広げる迫力ある競技で、日本の空手がその源流になっているといわれています。同アカデミーは2009年10月に発足し、現在、甲府南中、小瀬武道館、山梨市道場の3会場で、3歳から50代までの約40人が日々、汗を流しています。
 そんな小泉さんはかつてはウエイトリフティングの選手で、日川高時代には全国高校新記録、社会人になってからは全日本選手権大会で準優勝するなど、華々しい活躍をしていました。しかし、23歳の時、左肘を故障したために競技を断念。たまたま妻に誘われて始めたテコンドーに魅力を感じ、09年からは横浜に日本の本部を置く炫武館(げんぶかん)に通って本格的に稽古を始めました。
 その後、すぐに頭角を現し、型の美しさを競う全日本テコンドープムセ選手権大会で10年にシニア2クラスで3位、11年にマスタークラスで準優勝、12年にはU49クラスで準優勝を果たすなど、活躍を続けています。「元々、格闘技好きでもあったし、テコンドーは足技が中心なので肘への負担も少ないので、本当に楽しみながら練習することができました。この楽しさを一人でも多くの人に伝えることができたらとアカデミーを開講しました」と振り返ります。

小泉秀一プロのその他のコンテンツ

Share

小泉秀一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-2543-5207

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小泉秀一

山梨県テコンドーアカデミー 炫武館山梨支部

担当小泉秀一(こいずみしゅういち)

地図・アクセス

小泉秀一のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-02
twitter
twitter
2018-08-19
facebook
facebook
google-plus
google-plus