まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
岩﨑雅幸

あなたの人生と権利を守る相続と終活のプロ

岩﨑雅幸(いわさきまさゆき)

岩﨑行政書士事務所

岩﨑雅幸プロのコラム一覧:高齢者介護

全国初!! 素晴らしい取組み「ふるさと納税」返礼品に「見守り訪問サービス」本日の山形新聞朝刊を見たら素晴らしいニュースが載っていました。本県寒河江市では今月17日、日本郵便の行っている「みまもり訪問サービス」をふるさと納税返礼品に加えたそうです。そのサービス内容は 月1...

憲法記念日に思うこと ~今こそ2025年問題を考えよう~ 戦後のベビーブーム世代の中でも、いわゆる団塊の世代と呼ばれる1947年~1949年生まれの方々およそ800万人が、おととし前期高齢者(65歳)に達しました。10年後の高齢者人口は日本の人口の約30%、3,500万人...

突然、母が倒れた、何をすれば(その2) ・・・ 準備していて良かったこと(私の体験談)携帯電話の効用について卒業・入学・就職シーズンも終わり、携帯電話の宣伝ではと誤解される時期も過ぎたようなので、この話題に触れてみる。私の母の命が助かったのは、ふだんは彼女があまり使...

「介護うつ」にならないように   親の介護・・・ 突然母が倒れた、何をすれば・・・ 昨年5月からしばらくコラムを書かなかった、いや書けなかった。 あの暑い日、昨年7月13日午前、電話で「ちゃんと水分補給しなよ」なんて話をして、元気そうにしていた母が、夕方になって携帯に電...

認知症の介護と虐待について家族や親族・同居人などによる虐待が増えています。厚労省の調査では、認知症高齢者と同居していた虐待者は「息子」、「夫」、「娘」の順番に多いそうです。 なんかすごく悲しい現実です。自分の子供や夫が虐待者になってしまうんですね。時々事件として報道...

高齢者施設の選び方のポイント 自宅で親の介護をしていますが、仕事の都合、家庭の都合、親の病状の進行などにより自宅での介護が段々困難になってきました。どのように施設や高齢者住宅を選んだらよいでしょうかという相談が多くなってきました。 日本の住宅は、和室(畳)の部屋と洋...

「介護うつ」にならないために これまでの我が国の介護は「嫁の仕事」とされてきた。しかし、今や未婚者、晩婚者、一人っ子の増加などから老親を持つ息子・娘に介護の負担が重くのしかかかる時代となってきている。 特に、実の親の介護の場合に「介護うつ」になる人が多いという指摘がある。...

 徘徊事故の妻の責任について考える国賓として来日中のオバマ大統領の華々しいニュースの陰で、とても悲しいニュースが報道された。 夫を介護中の妻がうたた寝している間に、夫は自宅から外出して徘徊し、施錠されていないフェンス扉から線路に入り死亡した。 遺族の妻に対し、JRは列車の遅延...

岩﨑雅幸プロのその他のコンテンツ

Share

岩﨑雅幸プロのその他のコンテンツ