マイベストプロ山形
入澤和志郎

遺品整理士山形県第1号!29年以上の実績を誇る遺品整理のプロ

入澤和志郎(いりさわわしろう)

有限会社 風車

コラム

父親の一周忌前に実家の遺品整理

2019年7月26日 公開 / 2019年8月20日更新

テーマ:遺品整理

六月中頃にお電話で遺品整理のご相談を頂きました。
お約束の日に現場となるご実家を訪問させて頂き、先様から細部に渡りご要望を伺いながらのお見積り作成となりました。

今亡きこちらのお宅のご主人は、十数年程前までは奥さんやご友人との旅行を楽しみとされてましたが、若くして病に倒れた奥さんに先絶たれ、近年は趣味の剣舞や一人旅など悠々自適の老後を満喫されていたとの事でした。しかし一昨年初夏に旅先で客死、72歳の生涯を終えられました。心臓に持病を抱えていた方だった様です。
以前まで同居されていたお兄さんご家族も昨年末に新居に引っ越しされたためそれ以降空き家状態となったとの事です。

ご実家は立派なお庭付きの豪邸です。築十年前後でしょうか?亡きお父様が退職された頃の新築住宅で、二階はおもにお兄さんご家族で利用されていたとの事、整理予定の家財は一階部屋に集中されております。二階の各部屋は年末の引っ越し時の残された少しの家具や小物が散乱、二世帯住宅で大型家具の運び出しや一階の台所周り、二階の台所周りに二階屋根裏部屋の雑貨類の整理作業が多く掛かりそうです。
後日「遺品整理をお願いしたい」とのご連絡を頂き再度訪問し契約サインを頂きました。

依頼人立ち会いの見積り査定の時に気づいてはおりましたが・・・、細々とした書棚や各引き出し、押し入れの中を覗きますと、亡きお母様の持ち物でしょう。宝石箱やお化粧ポーチ、貴金属がチラホラと見受けられます。注意しながら作業をしませんと大変な事になりそうで、現場に入る作業員皆が一段と気を使う現場となりそうです。

実作業は七月に入りご依頼人の留守の中で四日間予定の開始となりましたが、玄関を入って作業員皆が気になったのが床面のワックスが異常に光輝いており、家財の持ち運びに大変気を使いました。
社員に事前に話していたとおり作業開始と同時に貴重品と思われる物が各部屋から見つかりました。ざっと数えても40ケースほど裸の喜平ネックレスや真珠のネックレスにイヤリング、ダイヤモンド鑑定書や宝石類の鑑別書。宝飾品の多い事、さらにお金もお札から記念硬貨、商品券にテレホンカードなどなど、色々な貴重品が出て来ます。私が管理保管をしながらその日の夕刻にご依頼主へお渡し致しました。

遺品整理作業前

遺品整理作業前

遺品整理作業前

作業二日目、押し入れの奥からは亡きお母様が大事にファイル整理されていたご兄妹の子供の頃の作品、低学年頃の絵や作文。学生時代のご両親へ宛てたお手紙など、想い出深い品が沢山出て来ました。成績表や写真も大変な量です。先様へ発見のご報告でお渡し致しますと当人もビックリで何十年ぶりにご自身の作品との再会に驚きと同時に、改めてご両親への感謝の想いがこみ上げて来ているようでした。

「え~!こんなの何処にあったの~」

少し照れながらも大変喜ばれておりました。

亡きお父様のご趣味、カラオケ同好会の録音テープに剣舞会の演舞ビデオテープも山ほど、お兄様が大事に保管されるようです。
ご兄妹共働きの中、作業時に毎日のように朝に解錠、夕方に施錠と子育ての中でご苦労をお掛け致しました、大変お世話になりました。毎度のように私共作業員に飲み物や菓子など大変な気遣いも頂きました。

お陰様で四日間のお約束期限で外周りから家の中と全ての作業を無事に終える事が出来ました。残された実家の今後についてもご相談を頂きましたが、直近の販売も考え物で出来るものであれば当分の間は貸し家として考えられた方が宜しいのではと助言させて頂きました。

遺品整理作業後

遺品整理作業後

遺品整理作業後

実家の遺品整理、ご用命を頂き有り難う御座いました。

こちらの遺品整理作業現場の写真は・・・こちら

港町から母親のご遺骨を胸に抱いて

漁師仲間の船を利用して家族で地元の海で海洋散骨を行いたい、そのようなご家族が来社され海洋散骨に備えて粉骨作業のご依頼がございました。

奥様の実母、82歳でこの春に旅立ちました。
ご依頼者様にご親戚の方もまじえて四名で来社され、海洋散骨時のマナーやルールのご説明から世間話、最近の葬送の在り方、ご実家の整理などについてもお話しさせて頂きました。
姉妹だけとなりますと墓守もままならず親を送る事にも大変気苦労もあります。

最近このサービス(粉骨依頼)をお受けする事が多くなりました。
骨壺・骨箱から解放されてコンパクトな入れ物に変化もします、自宅供養する方にしてみれば見た目も安心で室内もスッキリ片付くと好評のようです。
とあるお寺ではすり鉢を用いて親族皆で心を込め読経の中で作業をする処も出て来ました、それはそれで宜しい手法と思います。

今回のご依頼は一周忌前頃を目処に友人の船を利用してご家族の手で海洋散骨を執り行いたいとの事。そのようなご予定ですので散骨日まで少し時間があきますが粉骨加工する事でご自宅での供養もしやすくなります。
粉骨したご遺骨の一部は真空パックに加工、散骨するご遺骨は水溶性の特別な紙袋に入れて、扱い方や散骨時の注意などをご説明して小さな折り鶴も三羽ほど添え一緒にお渡し致しました。
終始、私達の粉骨作業を見ていたご家族皆さん、大変喜んでお帰りになりました。

この粉骨サービスは全国からお受け致しております。
ご相談、お待ち致して下ります。

粉骨加工のみのご依頼もお受けします・・・こちらから

  

この記事を書いたプロ

入澤和志郎

遺品整理士山形県第1号!29年以上の実績を誇る遺品整理のプロ

入澤和志郎(有限会社 風車)

Share
関連するコラム

入澤和志郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0235-64-1180

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

入澤和志郎

有限会社 風車

担当入澤和志郎(いりさわわしろう)

地図・アクセス

入澤和志郎プロのコンテンツ