マイベストプロ栃木
倉持良信

行政書士の資格を持つ心理&産業カウンセラー

倉持良信(くらもちよしのぶ)

クラージュこころカウンセリングルーム

コラム

ポジティブな言葉、ネガティブな言葉

2019年5月15日 公開 / 2019年5月20日更新

テーマ:心理カウンセリング一般

「ケ・セラ・セラ」の言葉の力

ネットニュースで、先日(2019年5月13日)、歌手で女優のドリス・デイさんが亡くなったことを知りました。
ヒッチコックの「知りすぎていた男」という映画の劇中歌「ケ・セラ・セラ」は超有名ですね。

私もヒッチコックの映画が好きで、DVDもレンタルして観たりしますが、「ケ・セラ・セラ」をこんなとこで歌うのかい!と思った記憶があります(笑)

■■■■■■■■■■■■■
ご冥福をお祈りいたします。
■■■■■■■■■■■■■

「ケ・セラ・セラ」の意味は、スペイン語で「なるようになる!」だそうですが、

なんか、この言葉を聞くと、私は、開き直るというか、肝が座るというか、いくぶん気持ちが落ち着く、むしろ半歩前に出るような感じまで受けるのですが、皆さんはいかがでしょうか?

「なるようになる!」

「(良いも悪いも)どんな形でも結果は出るわい!」

「とりあえず、やっちまえ!」

という意味合いに聞こえてくるから、不思議なものです。

「なる!」というポジティブな言葉がいいですね。
言葉の力というものは、大きいものです。

あえて肯定的な言葉を使ってみよう

カウンセリングにおいても、クライアントに向ける言葉の使い方には非常に神経を使います。

傾聴の基本中の基本に、オウム返しという技(?)があります。
例えば、クライアントが「落ち込んでいます。」と言った場合には、
カウンセラーは、そのまま「落ち込んでいらっしゃるのですね。」と返す。

また、クライアントが「最近、趣味もつまらなく感じる。」と言った場合には、
カウンセラーは、そのまま「つまらなく感じるのですね。」と返す。

これは、カウンセラーがクライアントの気持ちに寄り添い、そして、mirror(鏡)代わりになって、クライアントの言葉をそのまま返すことで、クライアントに気づきを促すというわけです。

でも、ときには、あえて、クライアントの発した言葉と違った言葉で返すときがあります。

それは、クライアントが現実を重くて捉え過ぎてしまい、凝り固まった枠にはまっているような場合、少しずつその枠から抜け出すように、思考や見方の変化を導き出すためです。

先ほどの、クライアントが「すごく落ち込んでいます。」という言葉を発したら、
あえて、「元気が出てこないのですね。」と言ってみたり、
あるいは、
最近は、「好きだった趣味の読書もつまらなくて…。と言ったのでしたら、
あえて、「楽しく感じられないのですね。」と返してみる。

「落ち込んでいる」「つまらない」といったネガティブな言葉ではなく、
「元気」や「楽しい」というポジティブな言葉を返すことによって、思考がよりマイナスな方向へいかないで済むことが期待できます。

いかがでしょうか、皆さんも日常的にポジティブな言葉を意識して使ってみては…。

***********************************************

クラージュ こころ カウンセリングルーム

■公式サイト⇒ 【https://kokoro-kulala.com/

倉持良信
産業カウンセラー・認定心理士・行政書士

杉山裕子
産業カウンセラー・認定心理士・メンタルヘルスマネジメントⅡ種 Ⅲ種

この記事を書いたプロ

倉持良信

行政書士の資格を持つ心理&産業カウンセラー

倉持良信(クラージュこころカウンセリングルーム)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

倉持良信プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0296-45-5020

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

倉持良信

クラージュこころカウンセリングルーム

担当倉持良信(くらもちよしのぶ)

地図・アクセス