マイベストプロ埼玉
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ埼玉
  3. 埼玉のスクール・習い事
  4. 埼玉の音楽教室・レッスン
  5. 本山nackeyナオト
  6. コラム一覧
  7. スマホアプリ「DAM」「ポケカラ」などのカラオケアプリに本格マイクをつなぐ方法
本山nackeyナオト

プロとしての活動実績を持つボイストレーナー

本山nackeyナオト(もとやまなっきぃなおと) / 音楽家

川口音楽スタジオ モンキーダンス

お電話での
お問い合わせ
048-256-2839

コラム

スマホアプリ「DAM」「ポケカラ」などのカラオケアプリに本格マイクをつなぐ方法

2022年5月14日 公開 / 2022年5月17日更新

テーマ:カラオケ

コラムカテゴリ:趣味

コラムキーワード: ボーカルトレーニングボイストレーニング腹式呼吸

iPhoneやAndroidのカラオケアプリに本格マイクを

iPhoneやAndroidのカラオケアプリに本格マイクをつなぐ方法!



本格マイクでスマホカラオケアプリを楽しむ方法を紹介しよう。

iPhoneやAndroidへのつなぎ方やおすすめ
マイクや機材の紹介までまとめますのでご参考に。

通常はイヤホンマイクを使用することが多いと思うけど
本格マイクを使用することで多くのメリットがある。


カラオケアプリでマイクを使うメリット

通常は有線のイヤホンマイクを使用して
スマホのカラオケアプリを利用することが多いと思う。
DAMなどの参照もお勧めしている。

イヤホンマイクであればほとんどの方が持ってるし、安価だからね。
iPhoneスマホ購入時に付属してくることもあるしね。


普通のイヤホンマイクでももちろん気軽にイヤホンマイクでも、十分に楽しめるる。
ただ歌を極めようとする人にはもちろん不満もある。

イヤホンマイクはもともと歌を歌うためのマイクではないので、あまり大音量の声には向いておらず、雑音が入ってしまうことも多々ある。感度も悪い。音割れもする。もともと会話ようだから当たり前だね。

マイクを本格マイクに変更してさらにパフォーマンスをあげよう。
イヤホンマイクに比べて圧倒的に性能が良い。雑音も入りにくくキレイに歌を録音することが可能。

マイク感度が良いということは、ビブラート等、声の変化も拾いやすいため、繊細な表現ができる。

マイクの感度が悪いと、大声で歌わないと声が入らないこともあるよね。

それを嫌って極端にマイクを口に近づけて歌うこともあると思うけど、音質が割れて劣化してしまう。アプリで録音公開されている方のを聞いていても、マイクを近づけて小声で歌ってるのがわかる方もいるよね。

気軽にカラオケができるのもアプリの長所だけど、本格マイクであれば通常のお店と同じ感覚で歌うことができる。



カラオケアプリでは、簡単に録音できる機能がある。
カラオケアプリの中でも人気の「DAM]や「ポケカラ」では、録音を公開してコミュニケーションを取るのが本流。少しでもクオリティの高い作品をアップロードしてたくさんのユーザーに聞いてもらう&ペンライトなどを獲得するにはちゃんとしたマイクの方が圧倒的に有利だ。


スマホにマイクをつなぐ方法
ここからはマイクをスマホに繋ぐ具体的な方法について解説していきます。

Bluetoothなどは遅延が発生してしまうため、アプリで使用するマイクは有線である必要がある。
自分が声を発してからアプリを通してイヤホンから聞こえるまでに時間差がかなりある。
採点機能で音程を合わせるのには致命的だ。

マイクのケーブル

イヤホンのプラグに比べてすごく太い。音楽スタジオなどでは定番。ギターやベースからアンプに接続するシールドのようなものだ。

マイクをアプリで使用するには、このプラグを何とかしてスマホに接続する必要がある
そこで必要になるのがPAミキサーだ。

ミキサーとは?

文字通り音をミックスさせる機械で、一つのアンプやスピーカーにマイクやCDプレーヤー、キーボード、ギターなど複数の機器をつなげるための機材だ。

幾つもの入力端子があるかと思うけど、それぞれに機器を接続してボリュームやイコライザーなど個別に操作ができる。

ろんな楽器の音を合わせて、調整するための機材だ。
カラオケアプリで使うにはスタジオのような大げさなミキサーは必要ない。
スマホカラオケアプリを楽しむ分にはアマゾンで安いものから、購入最低限の機能から購入するといい。

なぜミキサーが必要かもう少し説明すると、マイクケーブルとイヤホンジャックをつなぐために、変換コネクタを使用することで、物理的には接続することはできても音声信号まで入力できたことにならないんだ。

実はこれよくある質問で、そのまま繋いでも音声情報をスマホに入力できない。

マイクやギターなどで入力されるのは「音の信号」ですが、
そのままではスマホは信号を受け取ることができないため、「スマホの信号」に変換する必要があるんだ。

この音響信号→電気信号への変換にミキサーが必要になってくるのだ。



スマホとマイクの接続方法

具体的にはどうやって接続するかと言うと、マイクとスマホの間にミキサーを接続することになる。


YouTubeなどで弾き語りを動画配信している方や、ちゃんとしたマイクを使用して放送している場合は、基本的にミキサーを接続して配信している。

USBタイプで直接接続できるタイプもあるけど、ちゃんとしたミキサーを1つ持っていればいろんなマイクに変更できるし、音質の良いハイレベルなものまで対応できる。

注意点としては、ミキサーがiPhoneに対応していなかったりするので、ミキサーの選定が重要。

iPhone/Android両方対応のおすすめミキサー

特におすすめしたいミキサーはローランドのGO:MIXER PRO。ちょっと高いかもね。
最低限の機能もあるし、信頼のあるメーカーのものが良いと思うよ。

PROタイプであればライトニングケーブル、microUSBケーブル、C-Typeケーブルが付属してきますので、iPhone/Android両方に対応している万能ミキサーだ。

更にスマホやタブレットによる使用を想定して設計されていますので、スマホを立てる隙間もある。

つまみも必要最低限で操作に迷うことも無さそう。ギターとマイクをつないで弾き語りもできるし、XLR端子接続のコンデンサーマイクにも対応している。

おすすめケマイク

ダイナミックマイクについては私も長年愛用している、SHUREのSM58がおすすめ。ほとんどの本格スタジオやライブハウスで使用されることが多い業界標準と言っても過言では無いマイクだ。

これを持っていればカラオケ店でも使用できる。

感度が良いのは当然で、男性女性誰にでも会うマイクだ。単一指向性マイクで、ハウリングがしにくい。


コンデンサーマイクはスマホカラオケには必要ない。コンデンサーマイクは周波数特性が良いので感度が良すぎるので、一般的なカラオケでの使用には向いていない。
Youtubeなどで配信したり、本格的にやった生きたい人向けだ。
XLR端子でミキサーに繋ぐので、先ほど紹介したGO:MIXER PROとも接続可能なマイクだ。



カラオケアプリでちゃんとしたダイナミックマイクを使用することで、いろいろなメリットがある。

ポケカラやDAMforスマホなどの人気カラオケアプリで、よりクオリティの高い録音をしたいなら試してみる価値あり!

この記事を書いたプロ

本山nackeyナオト

プロとしての活動実績を持つボイストレーナー

本山nackeyナオト(川口音楽スタジオ モンキーダンス)

Share

本山nackeyナオトプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
048-256-2839

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

本山nackeyナオト

川口音楽スタジオ モンキーダンス

担当本山nackeyナオト(もとやまなっきぃなおと)

地図・アクセス