マイベストプロ大阪
徳岡修

欧米水準の医療技術で地域に貢献する歯科・放射線学科の専門医

徳岡修(とくおかおさむ) / 歯科医師

徳岡デンタルクリニック

お電話での
お問い合わせ
072-749-0501

徳岡修プロのご紹介

虫歯と歯周病は現代の宿命病。よりよい予防と治療の技術で社会貢献を目指す(1/3)

欧米水準の医療技術で地域に貢献する歯科・放射線学科の専門医 徳岡修さん

ヨーロッパの歯科診療と治療のガイドラインに基づいた最良の歯科医療を地域に提供

 日本歯科医師会が推進する8020運動。80歳まで20本以上の歯を残すという目標を掲げ、歯の健康の大切さを社会に呼び掛けています。しかしながら、80歳まで歯を25本以上残す8025を実現するスウェーデンなどのヨーロッパ諸国と比較すると、日本の歯や口腔医療に対する意識はまだまだ低いのが実情。
徳岡デンタルクリニックの徳岡修院長は、先進的なヨーロッパの歯科医療を取り入れ、良心的な価格で地域の患者さんに提供し続けています。

「ヨーロッパの歯科医療の中心は治療ではなく予防。スウェーデンでは予防のために歯科を訪れる人がほとんどです。私が行う歯の治療やメンテナンス法はヨーロッパのガイドラインに基づいたもの。よりよい歯科医療を求めて絶えず勉強し続け、患者様の治療に役立てています」と徳岡院長。

 虫歯や歯周病は現代の食生活が生んだいわば“宿命病”。歯周病は歯を失う要因の42%を占める深刻な生活習慣病ですが、高血圧や糖尿病などに比べると、治療が後回しにされがちです。徳岡院長は歯の健康に関心が薄い日本の現状に警笛を鳴らします。

「悪い歯を抜いた途端に病状が劇的に改善したり、菌に侵された歯をウサギに移植すると同じ病になって死んでしまったりなど、歯の健康が身体全体の健康に影響するという事が、Weston Price博士の90年前の入念な研究で判っていました。歯から入った菌やその毒素が血中で循環するのです。虫歯や歯槽膿漏を放置するのはとても危険なことです」

 平均寿命が伸び続ける日本。いつまでも生き生きと過ごすためには、歯の健康が不可欠です。徳岡院長は「40歳までは半年に1回、40歳を過ぎたら3か月に1回」を目安に歯のメンテナンスを行うことを推奨しています。
歯の予防メンテナンスのほか、虫歯や歯周病の治療にも高度な技術を導入する徳岡院長の力を借りて、8020ならぬ8025を目指しましょう。

Share

徳岡修プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-749-0501

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

徳岡修

徳岡デンタルクリニック

担当徳岡修(とくおかおさむ)

地図・アクセス

徳岡修プロのコンテンツ