マイベストプロ信州
角田忠雄

ギターを通して音楽の楽しさを教えてくれるプロ

角田忠雄(つのだただお)

角田忠雄ギター教室

コラム

松本伊代さんのバックで演奏している動画

2022年11月3日 公開 / 2022年12月2日更新

コラムカテゴリ:スクール・習い事

1981年にオンエアーされた日本テレビ「ザ・トップテン」で、松本伊代さんの
「センチメンタル・ジャーニー」の伴奏をしている動画が見つかりました。

松本伊代
「ザ・トップテン」とは1981年4月から1986年3月まで日本テレビ系列局で
毎週月曜日の夜8時より生放送されていた音楽番組です。
公開生放送の会場はほとんどの場合、渋谷公会堂でした。
司会は、堺正章さんと榊原郁恵さん、演奏は「ガッシュアウト」と「新音楽協会」の
ストリングス、コーラスでした。

私はガッシュアウトのメンバーとしてこの番組で演奏しています。
ガッシュアウトは当時、この「ザ・トップテン」の他にも「カックラキン大放送」
「ごちそうさま」等の番組に出演し、ジュデイ・オング、研ナオコ、堺正章、
松本伊代などのバックバンドも務めていました。
この番組では、バンドがイントロの間に二段構えのワゴンに乗って登場します。
私は、画像のセンターより少し右側奥、下段のブースでベーシストと共に演奏しています。
使用楽器は、当時モニター契約をしていたIbanezのAS 200と思われます。


この動画を見て、松本伊代さんのあまりの可愛らしさに、今更ながら驚きました。
そしてバックダンサーのキャプテンと一緒の振り付けや、楽曲とそのアレンジにも
とても新鮮な物を感じました。
また当時行われたコンサートツアーや武道館でのコンサートの事を懐かしく思い出しました。

ギターレッスンに来ている、中学2年生と小学6年生の姉弟がいるのですが、彼らに
松本伊代さんの事を聞いてみると、まったく知らないという答えが返ってきました。
かつては日本中をときめかせたスーパーアイドルも、41年を経た今、子供たちには
あまり知られていない様です。
時の流れを思うと同時に、41年経った現在でも自分は現役のギタリスト・ギター講師で
いられる事に幸せを感じました。



生の演奏をリーズナブルな料金でお届けしています。
ギター独奏、ヴォーカル・二胡・ピアノ・ベース等とのデュエット、
さらにサックス・ドラムス等を加えたトリオ、カルテット等様々な
編成で演奏いたします。
マンツーマンシステムによるギターレッスンも行っています。
お問い合わせ、ご依頼は 角田音楽事務所 TEL 026-244-1518
tadaotsunoda28@gmail.com 迄

この記事を書いたプロ

角田忠雄

ギターを通して音楽の楽しさを教えてくれるプロ

角田忠雄(角田忠雄ギター教室)

Share

角田忠雄プロのコンテンツ