まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
高橋春彦

塗装施工の全てを安心して任せられる塗料のプロ

高橋春彦(たかはしはるひこ)

しろくまペイント(株式会社 霜鳥 塗装事業部)

お電話での
お問い合わせ
026-227-7063

コラム

集合住宅内装工事(置床・乾式二重床)万協フロアー

施工事例

2017年12月14日

集合住宅内装工事(置床・乾式二重床)万協フロアー

庭の十月桜が花を咲かせ、信州の短い秋の訪れを知らせてくれました。
こんにちは、コートラインプロ天野です。
本日は、とある企業様社員寮内での置床工事リポートをお届けします。
余談ですが、この置床。人によって、呼び名が違うのを知ってましたか??
二重床、乾式二重床、鋼製床組、フリーアクセスフロアーなどなど。
まぁ、どれもなんとなく意味は分かりますね!!
そこで私、他にもこういったものがあるのではと、インターネットヤフーで調べてみました。
みなさん、「バンドエイド」って知ってます?
誰しも1度はお世話になったと思いますが。
この「バンドエイド」、地域によって呼び方が違うんです。
関東や関西は「バンドエイド」派多数
東海北陸は、「ばんそうこう」
東北、中国、四国は「カットバン」多し
富山は「キズバン」
北海道は驚きの「サビオ」!
九州は「リバテープ」!
サビオ、リバテープ、、、もはや何なのかすら分かりません。。。
ちなみに東海地区出身の私は、仕事でもよく使う「マスキングテープ」ですっ(涙)
で、この「マスキングテープ」
地域によって呼び方が違うのをご存知ですか??
この話は長くなってしまうので割愛させていただきます。(笑)

置き床工事について

さて、作業はというと順調に進んでおります。
写真でもお分かりと思いますが、この置床の高さが相当低いです。
3枚目の写真では、薄い鉄板製の受け皿を使用してます。
通常の受け皿の厚みは20mmですから、限界に挑戦しております。
置床を組んだ後は、その上に直にフローリングを貼り込んでいきます。
またリポートさせていただきます。

ページについてはこちらから
http://ko-toline.com/news/%E7%A4%BE%E5%93%A1%E5%AF%AE%E7%BD%AE%E5%BA%8A%E5%B7%A5%E4%BA%8B/

この記事を書いたプロ

高橋春彦

高橋春彦(たかはしはるひこ)

高橋春彦プロのその他のコンテンツ

Share

高橋春彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
026-227-7063

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高橋春彦

しろくまペイント(株式会社 霜鳥 塗装事業部)

担当高橋春彦(たかはしはるひこ)

地図・アクセス

高橋春彦プロのその他のコンテンツ