マイベストプロ三重
松村省吾

外壁・屋根リフォームのプロ

松村省吾(まつむらしょうご) / 外装リフォーム

ガイソー津/鈴鹿店・四日市店

コラム

塗り替えのタイミングを解説します!

2022年11月22日

コラムカテゴリ:住宅・建物



塗り替えのタイミングにはいくつかポイントがあります。
失敗しないためにもここでご紹介する情報を参考にしてみてください。


まずは塗料の耐用年数です。
最も一般的に利用されているシリコン塗料の耐用年数は約10年と言われています。一方安価で有名なウレタン塗料は約7年、耐久性に強みがあるフッ素ガイナ塗料は約15年です。これらの寿命を迎えたら外壁塗装は塗り替える方が良いでしょう!!


次に塗り替えの季節です。
オススメする塗り替えの季節は3月~5月の春や9月~11月の秋です。これは気温や湿度と大きく関係があります。一般的には冬は気温が低く夏は湿度が高いです。それに比べ春や秋は気温や湿度がが安定的で塗料が乾燥、定着しやすいためです。

しかし寿命が来る前にも塗り替えをした方が良いサインがあります。
●チョーキング現象
 外壁を触ると塗料の粉がつくような現象です。この状態は劣化して剝げてきています。
●シーリング部分のひび割れ
 塗料が剝がれている可能性が高いです。そのヒビから湿気が入り外壁の下地部分にカビが発生する恐れ   もあります。
●サイディングボードの浮や剝がれ
 特に地面に近いサイディングボードほど浮いたり剝がれやすいです。
これらは塗り替えをした方が良いサインです。

今回は外壁塗装塗り替えのタイミングやそのサインについてご紹介しました。
塗り替えの際には是非参考にしてみて下さい!!

この記事を書いたプロ

松村省吾

外壁・屋根リフォームのプロ

松村省吾(ガイソー津/鈴鹿店・四日市店)

Share

コラムのテーマ一覧

松村省吾プロのコンテンツ