マイベストプロ神奈川
加藤勉

時代を捉え業界を支える不動産コンサルティングマスター

加藤勉(かとうつとむ) / 不動産コンサルタント

有限会社リビングホーム

コラム

今が買い!?首都圏周辺の市場は地価上昇傾向です。

2022年9月23日

テーマ:不動産相談の専門家(有)リビングホーム

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: 住宅ローン 借り換え任意売却家族信託 流れ

国土交通省が9月20日に発表した2022年の基準地価は住宅地や商業地など全用途の全国平均が前年比0.3%上昇。3年ぶりのプラスに転じた。住宅地も31年ぶりに上昇傾向。
東京都神奈川県相模原市町田市八王子市競売不動産購入サポートリビングホーム
消費者には追い風となる低金利、住宅ローン減税等の支援策があり需要が増えた事で地価上昇となっており、日銀総裁の金利緩和政策の継続から為替市場では円安が加速して24年ぶりとなる為替介入まで引き起こす事態です。
不動産相談の専門家リビングホーム
背景には長期の低金利政策とコロナ禍でのリモートの普及などで変わったライフスタイルから首都圏近郊でのマイホーム需要が要因でもあり、全国2万1444地点で、7月1日時点の地価動向調査では住宅地の全国平均、前年比0.1%上昇し商業地も0.5%3年ぶりに上昇。特に首都圏、東京・大阪・名古屋の三大都市圏は全用途、住宅地・商業地すべてが上昇!
相模原市町田市八王子市不動産相続相談の専門家リビングホーム
商業地は都道府県別で地価上昇が18と前年の3倍に増え、大阪圏は前年の0.6%下落から1.5%上昇に転じており、東京では観光地の浅草周辺が4%台の上昇。インバウンド(訪日外国人客)回復への期待があり歓迎ではあるが不動産市場では材料等の高騰が続き施工費に影響が続くと思われます・・・
東京都神奈川県相模原市町田市八王子市競売不動産購入サポートリビングホーム
競売市場でも落札額の高騰が続いている。売却基準価格の(鑑定評価の70%)2倍超で落札されている物件も!ただ、市場における地価上昇は地域格差が大きく反映しているのも実情です。
東北地域や四国地域では下落傾向は続いており世界的なコロナウィルスやウクライナ問題等の終息が望まれると考えます。
相模原市町田市不動産売却の専門家リビングホーム
不動産取引の基本である需要と供給のバランスが査定にプラス・マイナス要因となり、弊社でも不動産相談に伴う査定からの売却では物件の地域による成約格差は否めないのが実情です。
マイホーム購入・住み替え・空き家・空き地処分や相続、施設入居に伴う自宅売却、住宅ローン滞納による任意売却・リースバックなど不動産で悩んだら不動産相談の専門家不動産コンサルティングマスターにご相談ください。初回無料にてご対応しております。
相模原市町田市八王子市不動産相続相談の専門家リビングホーム


#相模原市不動産コンサルティングマスター
#不動産相談の専門家リビングホーム
#不動産適正査定売却リビングホーム
#競売不動産購入サポートリビングホーム

不動産トラブル・相続・空き家・借地問題・住宅ローン滞納など不動産の問題は一人で悩まず不動産相談の専門家へご相談下さい。
ご相談内容により税理士・司法書士・弁護士等の専門家と連携してご対応します
Webはこちらhttps://www.livinghome.co.jp
相談フォームにて24時間受付中です。https://www.livinghome.co.jp/form/soudan/

この記事を書いたプロ

加藤勉

時代を捉え業界を支える不動産コンサルティングマスター

加藤勉(有限会社リビングホーム)

Share

関連するコラム