マイベストプロ福井
漆﨑隆一

職人集団を率いる外壁塗替リフォームのプロ

漆﨑隆一(うるしさきりゅういち) / 職人

株式会社パンセ建築士事務所 ペイントパンセ

コラム

大切なあなたとの関係にヒビが入らないコーキングの秘訣

2020年7月31日

テーマ:安心施工法

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: 外壁塗装屋根塗装リノベーション工事



こんにちは。
今日も私、漆﨑隆一が
あなた様に最高のお話をさせて頂きます。


あなたは見たことがありませんか?
せっかくキレイに外壁塗替えをしたのに、
一年もしたら、
ヒビ割れを補修した部分だけが黒ずんできて、
見苦しくなった外壁を・・・。

外壁の塗替えで一番大事な工程は下地補修ですが、
その際に、
ヒビ割れを埋めるコーキング作業は特に重要なんです。
雨水はヒビから入ってくるのですから。

もちろん、
コーキングをしないで塗装をしても、
小さなヒビ割れは一旦塗料で埋まってしまいます。
しかし時間とともに、元通り・・。

これでは、
せっかくリフォームしても全く意味がありません・・・。

だからこそ、
コーキングが大事なんです。

しかし、
その大切なコーキングは、
どんな種類のものを使ってもいいのではありません。

実は、
可塑剤(かそざい)が含まれているものを使うと、
日がたつにつれて、
黒ずんできてしまうこともあるからです。

可塑剤が入っている代表的な製品は輪ゴムですね。
可塑剤とは、
要するにプラスチックを柔らかくするような
役割があるそんな材料です。

この可塑剤によって黒ずむ現象を
「ブリード」
と言うのですが、
それを防ぐためにも、その道のプロは、
可塑剤が入っていない
「ノンブリード」
タイプのコーキングを使っているんです。

塗替えをする場合、
業者さんから塗料の説明はよくありますが、
どんなコーキングを使うかの説明は少ないと思います。

「コーキングはどんなタイプを使いますか?」
と、質問したら
「お詳しいんですね」
ときっと業者さんはビックリしますが
大切なお住まいのためだから、
聞いておきたいところです。

でも、
そんな質問をしなくても、
任せておけば全て安心という信頼関係の上で、
我が家のリフォームができる業者さんが
いちばんいいですね。

この記事を書いたプロ

漆﨑隆一

職人集団を率いる外壁塗替リフォームのプロ

漆﨑隆一(株式会社パンセ建築士事務所 ペイントパンセ)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

漆﨑隆一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-35-1900

 

電話は通話料無料のフリーダイヤル。
繋がらない場合には、
0776-33-6257
(外壁塗装受付専用ダイヤル)
へご連絡くださいね。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

漆﨑隆一

株式会社パンセ建築士事務所 ペイントパンセ

担当漆﨑隆一(うるしさきりゅういち)

地図・アクセス

漆﨑隆一のソーシャルメディア

instagram
Instagram