まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
池田洋三

4つの知識で安心の不動産売買を支える専門家

池田洋三(いけだようぞう)

株式会社Hope Home 

コラム

住宅を購入の際に知っておくべき知識 不動産会社の選び方

土地購入の際の土地、建築の知識

2016年1月13日 / 2016年6月3日更新

大手不動産会社と中小不動産会社との違いは何か

「住宅を購入したいけど、どの不動産会社がよいかわからない……」、そんな声をよく耳にします。

それもそのはず、上場している大手企業から1人で経営している不動産会社まで、不動産会社は多数あります。

皆様がお住いになっている地域の最寄り駅近くにも必ず不動産会社があります。この記事では、大手不動産会社と地域密着型の中小不動産会社、どちらに相談すべきか書いていきたいと思います。

安心感のある大手不動産会社

まず大手不動産会社からです。大手不動産会社のメリットといえば、さまざまな取引事例を持っているため、広い視点からアドバイスをしてもらえることです。大手不動産会社は、たいていの場合、全国に支店を持っています。
そういった規模の力を利用して、多数の購買履歴などを収集しているため、状況に応じた提案をしてくれると思います。また、名前が全国に広く知られているため、安心感を持って取引できることも大きいでしょう。
 そして、社員の研修等も定期的行われているため、一定以上の知識を身につけていると考えられます。

とはいえ、デメリットもあります。それは、「売上重視・画一的な対応」になることです。大手不動産会社では、効率性を重視する傾向にあり、対応が雑になる事もあります。
また、担当者は会社の細かいルールに従って対応するため、融通がきかないなどの問題点もあります。
 他には、社員の異動が頻繁に行われるため、購入後に、担当してくれた社員が異動になることもあります。
不動産は、人生の大きな買い物です。そんな買い物だからこそ、一生付き合える人から買いたいと思うのが人情です。

小回りのきく中小不動産会社

次に地域密着型の中小不動産会社を見ていきます。すでに住宅を購入したい地域が決まっている場合は、中小不動産会社のほうがよいでしょう。なぜなら、地域の情報に精通しているからです。
 物件の情報量に関しては、大手も中小不動産会社も不動産業者のみが閲覧できるインターネットサイト「レインズ」から入手するので差はありません。
しかし、多くの中小不動産会社は、地元の地主さんとコミュニケーションを取っている傾向があり、地主の多くは高齢化の折、担当者が変わりにくい中小の不動産会社を選ぶこともあります。そのため、物件情報の入手が早い、売出し理由に詳しい等の利点もあります。
また、効率性よりも地域での評判を気にしているため、対応が親身であったりもします。

デメリット
中小不動産会社では、大手に比べ取引件数が少ないこと、社員に対する研修制度もない会社が多いため、会社によっては経営者、担当者が不勉強の場合、思わぬトラブルに巻き込まれる事もあります。 

繰り返しますが、住宅購入は、人生で最も高額な買い物です。どこから買うか悩むのは当然だと思います。大手、中小のメリット、デメリットを把握しつつ、不動産会社巡りをして、自分たちにあった会社を選ぶようにしましょう。

この記事を書いたプロ

池田洋三

池田洋三(いけだようぞう)

池田洋三プロのその他のコンテンツ

Share

池田洋三プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
047-407-3591

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池田洋三

株式会社Hope Home 

担当池田洋三(いけだようぞう)

地図・アクセス

池田洋三のソーシャルメディア

facebook
Facebook

池田洋三のソーシャルメディア

facebook
Facebook

池田洋三プロのその他のコンテンツ