まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
寺田淳

シニア世代が直面する仕事と家庭の問題解決をサポートする行政書士

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

寺田淳プロのご紹介

(50代の)男はツライヨ!? その時直面する3つの問題とその解決法を共に考えましょう!(1/3)

遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

人生50年、シニア世代に課せられる3つの課題 その1~第二の人生を託す第二の仕事選びについて

 新橋駅前で行政書士事務所を開業している寺田淳さんは、自分と同じシニア世代が置かれた立場や環境に対し、自身の経験から導いた指導やアドバイスを通じて3つの課題に関するサポート・サービス業務を専門としています。

 特に最近顕著なものに、定年後の生活、家族との生活を託せる第二の仕事についての悩みがあります。これまで会社勤めの場合は定年まで勤め上げ、その後は悠々自適なセカンドライフを満喫することが理想とされてきましたが、今や人生90年時代を迎え、60歳の定年退職後もあと30年の人生設計を求められる時代になりました。

 いつから、何を、どうやって?多くの方が考えようとしつつも、つい先送りしてきた第二の人生をいかに迎えるか? 60歳定年が現実のものとして体感できるようになる50代は、待ったなしの状況となります。

 「相談に来られる多くの方は再就職、転職、起業・独立の選択にまず困惑し、選択後には希望を叶えるためにはどう行動することが適切なのかに迷います。さらには、いい年をして他人に相談や悩みを聞いてもらうのはみっともないと、世間体や見栄の為に時間を空費しているケースが少なくありません」

 寺田さんは、自ら20代の営業マン時代に一念発起し資格取得を重ね、29年間の会社勤めを経て52歳で独立を果たした自身の経験に基づき、個々の事情を踏まえたアドバイスや支援を続けています。

寺田淳プロのその他のコンテンツ

Share

寺田淳のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-25
facebook
Facebook