まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
中山美穂

税務・会計の〝困りごと〟をサポートする税理士

中山美穂(なかやまみほ)

中山美穂税理士事務所

お電話での
お問い合わせ
048-424-4360

コラム

会計事務所の役割

2012年9月6日

 この業界に入って14年、独立して1年半。常にお客様のために、会社存続のためにと思って邁進してきた。というより邁進してきたつもりだった。
 しかし独立して特に強く感じるのは、「つもり」になっていただけではないか、ということだ。

 経済が右肩上がりでないこの時代、会計事務所の役割は非常に重要であると思っている。
では事務所の役割とは?

 経営者は孤独であると言われる。開業した今、補助税理士として勤務していた時とは感覚が違うのは、まさに私が経営者になったからであろう。

 経営者は、従業員やその家族の生活を支え、会社存続のために24時間365日頑張っている。そしてそこから出てくる悩みことは会社の業績、営業、人事… と多岐にわたる。それなのに真に自分の、会社の悩みを相談できる人はいないに等しいと思われる。これらを一人で抱え込むのは酷である。

 そんな中で一番身近な相談者は税理士ではないだろうか。

 経営者と一緒に悩み、考え、さらには経験をもとに助言をすることができる。単なる励ましではだめで、そこは会社を背負っている経営者と同じ立場で同じ思いで立ち向かわなければならない。

 税理士は納税者の申告代理を専門とする専門家である。課税庁の考えを良く理解し、通達にも精通し、法的に考え、納税者が違法・不当な税負担を負わないように予防する専門家である。しかし今、税理士、会計事務所に求められているものは税の専門家を超えたものである。

 特に中小企業は、各分野の専門家に相談にのってもらうための報酬を支払う余裕はない。であれば、税理士がもっと切磋琢磨し経営者のために勉強をし、経験を積み、会社経営の伴走者として歩みをともにしてもよいのではないか。

 税制改正も目まぐるしい。本来の税の専門家として納税者から期待されている責務を果たし、さらに会社を良くするための一助となれるよう、経営者の声に応えられるよう精進しよう。

 やるべきことはいっぱいある。

この記事を書いたプロ

中山美穂

中山美穂(なかやまみほ)

中山美穂プロのその他のコンテンツ

Share

中山美穂プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
048-424-4360

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中山美穂

中山美穂税理士事務所

担当中山美穂(なかやまみほ)

地図・アクセス

中山美穂プロのその他のコンテンツ