まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ熊本
枝川陽子

マネードクターとして「資産」を育てる所得確保のプロ

枝川陽子(えだがわようこ)

枝川FPコンサルティング株式会社

枝川陽子プロのご紹介

「一生涯の所得確保」を目標に、夢を叶えるお手伝い(1/3)

枝川FPコンサルティング(株) 枝川陽子代表取締役

人は一生涯消費者。いずれ終わる勤労所得以外の所得を確保しよう。

「お客様のための私の使命は、一生涯の“所得確保”です」。枝川FPコンサルティング(株)の枝川陽子代表取締役はこう言い切ります。「勤労所得はいずれ終わりが来ます。現在の年金支給年齢である65歳も、確約されたものではありません。でも、人は死ぬまで消費者です。消費は一生続くのに、入ってくるものがなくなれば家計は破たんしてしまいます」。ところが、元本保証で安心だからと銀行の預貯金だけを頼りにしていると、物価の上昇に耐えらない。と枝川さん。インフレになれば、貨幣価値が現在の半分になることもあり得ます。それを回避する一つの方法が金融商品の活用。「投資と投機は言葉は似ているようでも実は違います。メディアでクローズアップされがちなギャンブル性の高い投機と、長期に運用する投資を混同してはいけません」。
 お金には、それぞれの“置き場所”があると枝川さん。「すぐに使える短期資金がまな板の上の食べ物とすれば、冷蔵庫の中に入れられている食べ物が中期資金、冷凍庫の中のものが長期、そして缶詰とも言えるのが超長期資金です」。冷凍や缶詰め状態の長期資金をそのまま保管するのではなく、しっかりと働いてもらい、さらにお金を産んでもらう。その一つの方法が資産運用です。「勤労所得が終わっても、物やお金などが働く不労所得もあるのでそこをフル回転させ、一生涯の所得確保に努める戦略的な資産形成が大切です」と、枝川さんは語ります。

枝川陽子プロのその他のコンテンツ

Share

枝川陽子プロのその他のコンテンツ