まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ高知
西俊次

親切・丁寧・安心がモットーの塗装のプロ

西俊次(にしとしつぐ)

有限会社 沢田塗装店

お電話での
お問い合わせ
088-873-7719

コラム

サイディング塗装前のシーリング工事について

施工にあたって

2017年6月10日 / 2017年8月29日更新

戸建住宅の大部分を占める窯業系サイディング
現在の外壁塗替え工事の作業で最も対象となる素材です。
塗料の選定も重要になりますが
新築時にサイディング目地やサッシ廻り等に一次防水材としてシーリング処理が行われています。
このシーリング材も経年劣化や建物の動き施工不良等による、破断・亀裂等の劣化が起こり、塗装作業を行う前に既存のシーリング材の撤去・打ち替えの作業を行います
今回はこのシーリング改修工事について話したいと思います。

まず初めにシーリング材とは?
防水性や気密性を保持するために、継ぎ目や隙間に充填する材料。

シーリング材の種類
シーリング材にはいくつかの種類があります。
シリコーン、変成シリコーン、ウレタン、アクリル、ブチルなどです。
シーリング材の特徴はそれぞれ異なり、特徴によって使う場所も異なります。
 その他1液成分の物や2液成分の物が有ります。

現場状況により、充填するシーリング材料を確認後、施工に移ります。

①既存シーリング材の撤去
カッターナイフ等を使用し既存シーリング材を撤去する。
この際に外装材表面・サッシ・付属品等に傷を付けないよう十分に注意して
作業を行います。
また、当日シーリング施工出来る範囲以外は切り取らない。
②撤去後の清掃を行いバックアップ材・ボンドブレーカーを装填。
二面接着(シーリング材の接着面が二面)の確保を行う。
③養生
マスキングテープにて養生を行う。
④プライマー塗布
シーリング材に合った専用プライマーを塗布します。
プライマーが入ってないと剥離の原因となる事が多い為
塗りムラが無いようシッカリと塗布します。

⑤シーリング材の充填
プライマーの乾燥確認後、気泡が無いように充填します。
  気泡を巻き込むとシーリング材の十分な性能が発揮されない為
⑥ へら押さえ
 シーリング材充填後、表面硬化が始める前に金へら等でシーリング材を押し込み
 平滑に仕上げます。 
⑦マスキングテープの除去
へら押さえ後、速やかにマスキングテープを除去します。
塗装後にも共通していますが、この作業が遅れるとマスキングテープが綺麗に剥がれず
仕上がりが悪くなるので意外と重要な作業です。
⑧清掃
はみ出したシーリング材等をウエスで除去します。

以上でシーリング作業は終了です。
意外と思われるかもしれませんがシーリング工事一つ取っても、多岐に渡る工程です。
塗装工事の出来栄えを決定するのは入念な下準備です。
極論ですが、只塗るだけなら誰でも出来ます。
当店で施工をさせて頂いたお客様、中々塗装作業に入らないのはそういう訳です。

この記事を書いたプロ

西俊次

西俊次(にしとしつぐ)

西俊次プロのその他のコンテンツ

Share

西俊次プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
088-873-7719

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西俊次

有限会社 沢田塗装店

担当西俊次(にしとしつぐ)

地図・アクセス

西俊次プロのその他のコンテンツ