マイベストプロ神奈川
荒毛一志

日本のモノ作り業界の未来に貢献する生産技術者

荒毛一志(あらけかずし) / 生産技術者

ARAKE生産設計株式会社

お電話での
お問い合わせ
0465-46-8408

荒毛一志プロのご紹介

後進の優れた技術者を育成して日本のモノ作り業界に貢献する(1/3)

日本のモノ作り業界の未来に貢献する生産技術者 荒毛一志さん

専門的な技術から生産ラインの構築まで幅広くサポートしつつ、日本の技術者と育成に力を入れている

「現状のままでは、日本のモノ作り業界(業種により)はかなり衰退していくでしょうね」
と、ため息混じりに話すのは、ARAKE生産設計株式会社の荒毛一志さん。
大手外資系メーカーで生産技術者として長年勤務し、2016年に城下町として有名な神奈川県小田原市で独立。着々と売上を伸ばしてきています。

 ARAKE生産設計株式会社では、冶具やメカトロニクス、ゴム・樹脂などの生産設計やコンサルティングといった、一般の人がなかなか見かけない専門的な技術を扱っています。

 荒毛さんの強みは、単に一つ一つの部品の設計をするだけでなく、生産ラインの構築といった業務環境の設計までできること。長年の経験に基づく幅広い知識を持ち、モノ作りに関わる様々な領域の実務を経験し具現化してきたからこそです。

 そんな荒毛さんは憂いています。業種によりますが日本のモノ作り業界を眺めると、・現場・現物・現実の三原則による技術者育成の環境が失われつつあり、技術の伝承と人材育成が円滑に進まず後継者が育っていない。しかも、大手企業では上司や先輩から部下への指導や教育は、パワハラと認識されるケースが増えやりにくくなってきています。

 一方、中小・零細企業はなかなか人材を確保できず、事業継承がうまくいかなくて廃業する事例も多くあります。かつて国内で800万社創業していた中小・零細企業は、現在300万社程度のようです。

 また、20代30代の中では、モノ作り業界に入るよりソフトIT領域に取り組む人が多い風潮も逆風になっています。

 この状況の打開策として、海外のローコスト業者に生産製造委託をして、現地採用者を日本的な技術者に育成し、お客様の求める・品質・コスト・納期を実現しています。

「このままの状態だと20年後には日本の工業モノ作り(業種により)業界は衰退の一途になる危機的な状態。だからこそ、独立して自由な立場から国内メーカー様に貢献し、次世代の技術者育成に関わっていきたいんです」と熱く語ります。

 荒毛さんは、モノ作り業界で42年間自分自身を育て頂いた恩と習得した技術と知見を、ビジネスさせて頂く中で、・技術の提供・技術者の育成の観点でモノ作り(業種により)業界に還元したい、との思いで活動しています。

Share

荒毛一志プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0465-46-8408

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒毛一志

ARAKE生産設計株式会社

担当荒毛一志(あらけかずし)

地図・アクセス

荒毛一志プロのコンテンツ