まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ石川
北岡勇介

資産性を考えて中古住宅をリノベーションするプロ

北岡勇介(きたおかゆうすけ)

もっともっと不動産(有限会社レンテックス)

北岡勇介プロのご紹介

将来の資産性を考えた住宅購入を提案(1/3)

北岡勇介 きたおかゆうすけ

中古物件をリノベーションすることのススメ

日本の住宅流通に占める中古物件の割合は欧米に比べて大幅に低く、根強い新築神話があります。これを逆転の発想で覆そうとしている人物がいます。もっともっと不動産の北岡勇介さんです。北岡さんは、「住宅を買うなら新築」という固定観念を打ち破り、将来的な資産価値のある中古住宅をリノベーションして手に入れるという方法を提唱しています。

十八歳で建築会社に就職。二十一歳で独立し、仮設足場会社を立ち上げた北岡さん。社員を思いやる性格から、「老後も仕事ができるように」と飲食事業も手掛けています。

そんな北岡さんは、私たちの生活する背景に不動産会社の存在があることに気付きました。そこで、「私も不動産という仕事を通して人や街に貢献していきたい」と考え、もっともっと不動産を立ち上げたのです。

いまでは物件探しから資金計画、プランニングに至るまで、すべてをワンストップで提供していますが、北岡さんが取り組む不動産事業の大きな特徴は、「資産価値を考えながらリノベーションした中古物件を顧客に提供している」ということです。

「若い世代の方は、資産性まで考えて家を買おうとはしません。しかし、人口減少、年金問題、経済状況などから考えれば老後の資金確保は欠かせません。ですから、人生で一番高い買い物である住宅を、『いくら借りられるか』で購入するのではなく、無理なく購入して資産形成することが、今後のライフプランにおいて非常に重要なのです」

北岡勇介プロのその他のコンテンツ

Share

北岡勇介プロのその他のコンテンツ