まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ茨城
小林正一

カッコイイ!と思わせる家の骨格造形が得意な建築士

小林正一(こばやししょういち)

小林正一建築設計事務所

お電話での
お問い合わせ
029-288-6390

コラム

住まいの復興給付金

消費税引上げに伴う給付金

「住まいの復興給付金制度」10月1日閣議決定しました。

現在、復興庁(住まいの復興給付)と、
   国土交通省(すまい給付金)とで給付金があります。

復興庁(住まいの復興給付)について

東日本大震災により被害が生じた住宅(被災住宅)の被災時の所有者が、
引上げ後の消費税率が適用される期間に、新たに住宅を建築・購入し
又は、被災住宅を補修し、その住宅に居住している場合に、給付を
受けることができる制度です。

被災住宅とは、り災証明書で全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊の
認定を受けた住宅です。(床下浸水、床上浸水の り災も含む)
(他に原子力災害による避難指示区域等内にある住宅)

平成25年10月1日以降契約で、平成26年4月1日税率引上げ後に引き渡し
がされる住宅が対象です。

給付金額(建築、購入の場合)
再取得住宅の床面積×補助単価(17.1万円/㎡)×3%になります。
(最大175㎡まで)

給付金例
 床面積150㎡×5130円=769.500円になります。

 標準的な住宅建設費の3%分になりますね。
 
 来年4月以降給付金申請の時主な必要書類は
  ・り災証明書
  ・被災住宅の不動産登記(閉鎖)事項証明書・謄本
  ・再取得住宅の不動産登記事項証明書・謄本 
  などが必要です。

※対象住宅については、他に要件等もあります。
 詳しくは復興庁ホームページでご覧になれます。

国土交通省(すまい給付金)については次回。

この記事を書いたプロ

小林正一

小林正一(こばやししょういち)

小林正一プロのその他のコンテンツ

Share

小林正一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
029-288-6390

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林正一

小林正一建築設計事務所

担当小林正一(こばやししょういち)

地図・アクセス

小林正一のソーシャルメディア

rss
rss
2016-10-07

小林正一プロのその他のコンテンツ