マイベストプロ愛知
森田英樹

入管業務を代行して負担を軽減し、問題解決に導く行政書士

森田英樹(もりたひでき)

名古屋みなと行政書士事務所

森田英樹プロのご紹介

複雑な入国管理業務を代行、本人の負担を軽減して問題を早期解決へと導き、国際社会に貢献する(1/3)

入管業務を代行して負担を軽減し、問題解決に導く行政書士 森田英樹さん

地の利を生かした入管業務に注力

 森田英樹さんが代表行政書士を務める「名古屋みなと行政書士事務所」は港区にあり、志を同じくする行政書士の前田智也さんはじめ4人が所属。全員が20~30代で機動力があり、フレッシュな魅力にあふれています。
 2014年に開設して今年で5年目を迎えますが、事務所全体の相談実績は年間2000件を超え、申請実績も年間1000件以上に上ります。
 行政書士の仕事は行政書士法にのっとり、官公庁に申請するさまざまな書類等の作成・提出を代行すること。業務内容は相続・遺言に関するものから各種届出書類、複雑な許認可に関する申請書類まで多岐にわたり、専門的な法律の知識や申請のためのノウハウなどが必要とされます。

 「名古屋みなと行政書士事務所」では建設業や農地転用、産業廃棄物収集運搬業、風俗営業の許可申請などに関わる申請業務等も随時行っていますが、「名古屋入国管理局」から徒歩5分という近さにあることから地の利を生かし、入国管理業務に力を入れており、年間200~300件ほどの実績を上げています。
「来日外国人労働者は平成28年に全国で1日約6万3千人という数字が出ていますが、今はもっと増えていると思います。国籍や地域、来日理由もさまざまで、ビジネスもあれば結婚その他で来られる方もありますが、在留資格の取得や在留期間の変更などの際には必ず入国管理局に行って申請しなければなりません。しかし、入国管理局の受付時間は平日の9時から16時までで、窓口で2~3時間待たされるのが一般的。申請のためには何度も足を運ばなければなりませんし、在留資格の種別によっては4~50枚の申請書類作成が必要になることもあります。私たちが申請業務を代行することでご本人の負担が軽減され、お仕事に注力して頂けますし、問題解決のスピードも速くなります」と、森田さん。

 国際社会に対応できるよう通訳業とも提携し、これまでに著名アーティストや来日テストパイロットなどの在留資格取得にも携わってきました。また、「名古屋入国管理局」は東海3県だけでなく、富山・石川・福井、静岡も管轄しているため、こうしたエリアへの入管業務を扱えるのも、森田さんたちの大きな強みです。

Share

森田英樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
052-746-7877

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森田英樹

名古屋みなと行政書士事務所

担当森田英樹(もりたひでき)

地図・アクセス

森田英樹プロのコンテンツ