まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
茶屋元崇喜

終活にまつわる悩みや疑問を解決に導いてくれるプロ

茶屋元崇喜(ちゃやもとたかゆき)

株式会社 ファイン

茶屋元崇喜プロのご紹介

シニアのセカンドライフを豊かにして、悔いのない葬儀を提案する「終活コンシェルジュ」(1/3)

茶屋元崇喜 ちゃやもとたかゆき

これまで不透明・不明瞭だった葬儀の問題点を、「見える化」していきたい

 「終活」のあらゆる課題を解決に導く「終活コンシェルジュ」として、大分のお年寄りから絶大な人気を誇っているのが「株式会社ファイン」の2代目、茶屋元崇喜さん。
 イベント会場では、いつもまわりにお年寄りの輪ができる茶屋元さん。シニアのアイドルが、ここまで愛される理由を紐解きます。

 茶屋元さんが、大分市、別府市で展開している『判田台会館』と『備庵』は、亡くなられた方や家族にとって等身大の規模で執り行う、ぬくもりの葬儀「家族葬」が特徴の葬儀場。設定が細かく選べるオーダーメイド葬で、価格も良心的。「判田台会館」では、大切な人とのお別れの時間を、家族それぞれがゆっくりと過ごせるよう、離れの棟も設けています。

 その茶屋元さんが提唱するのが、「終活プロジェクト」。
「終活でまず大切なのは、皆さんがシニアライフを、どれだけ豊かに過ごせるかという点です」。
 元気なうちに、自分の葬儀と亡くなってから問題が起きないよう、予め課題を解決するお手伝いはもちろんですが、例えば終活フェアとして「お元気シニアの大文化祭」を催したりと、セカンドライフの生き甲斐の場を提供しているのです。すなわち、死んだ後ではなく、残りの人生の生き方の提案です。
 
 そして、「終活にまつわる正しい情報の発信」にも、精力的です。
「葬祭の事前相談など、実際の声を受けて感じるのは、業者言いなりの葬儀や供養がいかに多いかということ。正しい情報を伝えて、葬儀の選択権や主導権を、業者ではなく、家族に取り戻したいのです。高齢者施設や介護の世界も同様なので、「見える化」することで、無駄を省いてもらいたいのです。」
 その思いから、「おおいた包括ケアネットファイン」を立ち上げ、終活にまつわるフリーペーパーを16万部出版。これまで情報もなく、選べなかったことで支払うしかなかった高額費用の実態や、要望に応える選択肢を、情報提供しています。「大きなお金が動くので、正しい知識を持って頂きたい。後で『こんなはずではなかった』と後悔だけはして欲しくないですから。」
 
 そんな想いと世間のニーズが相まって、大分市から終活セミナーを依頼されたり、アイネスの消費者ウィークでもセミナーを開催。できるだけ若いうちに、事前相談を行って欲しいと提唱しています。
 「まだ元気なのに事前に相談するのは…とか、葬儀で値切るなんて…と思われるかもしれませんが、例えば、同じ価格の車を買うのに、見積もりも試乗もせずに購入される方はいません。突然訪れる葬儀で、冷静に判断できずに決めてしまうことこそが、危険なのです」

茶屋元崇喜プロのその他のコンテンツ

Share

茶屋元崇喜プロのその他のコンテンツ