まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中世古裕之

相談者の目線に立ち最善の解決策を提案するプロ

中世古裕之(なかせこひろゆき)

弁護士法人 梅ヶ枝中央法律事務所 京都事務所

中世古裕之プロのご紹介

知財活用・保護から遺産相続の問題まで親身に対応して提案する法律事務所(1/3)

相談者の目線に立ち最善の解決策を提案するプロ 中世古裕之さん

相談者の目線に立ち、より良い提案をするため現場を見て歩く

 烏丸駅から徒歩3分の「梅ヶ枝中央法律事務所 京都事務所」で活躍する中世古裕之さんは、22年にわたり企業や個人の法律相談に対応してきたベテラン弁護士です。

 取り扱い分野は、不動産取引、賃貸借問題、倒産・再生、コンプライアンス、M&Aなど多岐にわたります。中でも知的財産権(特許権、商標権、著作権)については約15年の実績を誇り、バイオ・医療関連企業や、ものづくり企業が保有する、知財の侵害・紛争問題の解決やライセンス等の活用問題の処理に力を注いできました。

「特許出願に関するご相談を受けた場合は、出願担当の弁理士と一緒に対応することもあります。特許権や著作権を取る段階から関わることで、保護と活用がしやすい“強い特許”を取得することができます。」

 ベンチャー企業は、契約の際に十分に注意を払うことが大切と話す中世古さん。「ベンチャー企業は、企業活動で実績を出したいという思いが先に立ち、契約内容の検討まで手が回らないこともあります。そのため、共同開発や業務委託などで、取引先から言われるままに不利な契約を結んでしまうことも少なくありません」。そこで、同事務所ではベンチャー企業側のリスクができる限り少なくなるように契約内容をチェックしています。

 目の前にある問題だけに取り組むのではなく、相談者の背景や周辺事情まで目を配り、「相談当該事案にとってよりよい解決策は何か」「別の解決策はないのか」まで掘り下げた解決策を打ち出すことも強みの一つ。そのため、工場などに出向いて製造現場を見ることを重視しています。「紙に書かれた情報だけでは、特許のイメージは掴みにくい。見てわかることも多いので、できる限りものづくりの現場に行くようにしています」

 相談者のもとに出向いて行く仕事の姿勢は、受任した訴訟対応でも変わることはありません。例えば庭園の著作権が争われた案件では、現場の庭園に何度も足を運びました。

中世古裕之プロのその他のコンテンツ

Share

中世古裕之プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-353-5375

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中世古裕之

弁護士法人 梅ヶ枝中央法律事務所 京都事務所

担当中世古裕之(なかせこひろゆき)

地図・アクセス

中世古裕之プロのその他のコンテンツ