まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福井
松宮寛明

細かいことにも妥協しない不動産登記のプロ

松宮寛明(まつみやひろあき)

まつみや司法書士事務所

松宮寛明プロのご紹介

不動産登記を中心に活躍する新進気鋭の司法書士(1/3)

まつみや司法書士事務所の松宮寬明さん

相続手続きや借金問題にも取り組む

 「不動産関係の登記業務が一番多いのですが、他にも会社の登記業務、また、現在は司法書士も弁護士さんと同じように裁判業務を請け負っていて、代理人として簡易裁判所に弁論で出廷したりする業務もあります。どんな依頼でもできるだけ受けるようにして、いろんな経験を積み重ねていきたいですね」と話す松宮寬明さん。2008年、敦賀市に司法書士事務所を開設して丸6年、新進気鋭の若手司法書士の一人として活躍しています。

 法学部出身ですが、学生時代には司法書士試験などの資格試験には一切興味がなかったといいます。しかし、大学卒業後半年くらい経ってから、「法律に携わる仕事がしたい」と資格取得を目指すようになりました。敦賀市内の司法書士事務所で勤務しながらの勉強生活で、平日は帰宅後、遅くまで机に向かい、休日には京都の予備校に通いました。「人生で一番勉強した」と語ります。

 仕事は主に嶺南を中心に行っています。「相続に関することに力を入れています。田舎ですと、たとえばおじいちゃん名義の土地や建物が残っている場合が多くあります。その場合、できるだけ早く登記をしていただいた方がいいです。また、相続に関する裁判の手続きも多くあります。借金があって相続放棄をするケースだとか、相続人の間で協議がまとまらず調停するケースであるとか、弁護士さんに依頼するとすごく費用がかかる場合もあるので、司法書士のできる範囲で手助けができたら、と思っています」。

 時代の流れの中で、最近は司法書士の仕事内容も変わりつつあります。司法制度改革が行われ、2003年には司法書士にも簡易裁判所の代理権が付与されました。こうした事情により、松宮さんが開業した当初は、消費者金融などへの過払い金請求の仕事がとても多かったそうです。「多重債務や悪徳商法の被害に、元々司法書士が取り組んできたんですね。今後も弁護士さんがあまり携わらないような小さい争いごとに関わっていくことが大事だと思います」

松宮寛明プロのその他のコンテンツ

Share

松宮寛明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0770-20-1722

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松宮寛明

まつみや司法書士事務所

担当松宮寛明(まつみやひろあき)

地図・アクセス

松宮寛明プロのその他のコンテンツ