まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
三井寺浩樹

安心・快適に暮らせる住まいづくりとリフォームのプロ

三井寺浩樹(みいでらひろき)

株式会社 シロニシ工務店

お電話での
お問い合わせ
023-645-4385

三井寺浩樹プロのご紹介

地震が来ても、生命と財産を守る「安心の住まい」を求めて(1/3)

シロニシ工務店チーフ 三井寺浩樹さん

空気の力で揺れを断つ「AIR断震システム」

 家は家族が快適に過ごす場。そして地震などの災害が起きた時には、生命と財産を守る重要な役割を果たします。東日本大震災以降、住宅の「安全・安心」に対する関心が高まっています。

 「安全、かつ快適な住まい」を追求してきた「シロニシ工務店」のチーフ、三井寺浩樹さんが「これだ!」と強く感じ、県内で最初に取り扱いを始めたのが「AIR断震システム」です。地震を感知した瞬間、住宅の基礎の部分に高圧空気を送り込み、家を浮上させます。浮いた状態の家には振動が伝わらないため、家自体が壊れたり家具が倒れるなどの被害を防ぐことができます。

 住宅自体を丈夫にして耐震性を高めた「耐震住宅」でも、家自体が地震と同様に揺れることは避けられません。「断震」は、「振動自体を断つ」という点が「耐震」と異なります。

 4月17日夜、宮城県沖を震源とする地震が発生し、山形市では震度3を記録しました。「AIR断震システム」を装備した三井寺さんの自宅は、システムが作動し、家の中では揺れを感じなかったといいます。「空気の出る音がして、家が浮き上がった後に緊急地震速報が鳴った。地震どころか、浮き上がったことも全然感じなかった。有効性をあらためて実感することができた」と、その時の様子を振り返ります。

 「災害が少ない」といわれる山形県。東日本大震災をはじめ、過去のさまざまな震災の際も、比較的被害が少なかったため、そのように思われているところがあります。しかし、日本自体が地震の多発地帯にある国ですし、山形県内にも活断層が走っています。「いつ何が起きるか分からない中、住まいの安全を確保するための選択肢として、このシステムを提案していきたい」と意欲を見せています。

三井寺浩樹プロのその他のコンテンツ

Share

三井寺浩樹プロのその他のコンテンツ