マイベストプロ奈良
竹井勝之

NLPで子育ての悩みを解決するNLPトレーナー

竹井勝之(たけいかつゆき) / NLPトレーナーアソシエイト

奈良NLPこころの研究会

竹井勝之プロのご紹介

怒らない子育てをNLPで実現。悩みが楽しく感じられます(1/3)

竹井勝之さん

視点を変えて感情をコントロールするNLP

 奈良県で自動車整備業を営む竹井勝之さんは、米国NLP協会トレーナーアソシエイトの資格を持ち、「奈良NLPこころの研究会」としてNLPのセミナー講師をしています。NLPとは1970年代にアメリカで発祥した実践心理学の一つで、うつ病治療のために考えられました。「脳をコントロールして、怒り、悲しみ、喜びなどの感情がどこから来るのかを学ぶことで、人の心を元気にするのがNLPです」と竹井さんは話します。

 竹井さんがNLPを学び始めたのは、好調だった自動車整備業の営業成績が伸び悩み、落ち込んでいた時期に、セミナーを受講したことがきっかけだそうです。その時の講師に「ただ数字を追いかけているからだめ。なぜその数字が悲しいかとか、なぜうれしいかとか考えたことがないでしょう。1万円札と1万円と書かれた紙の違いを考えてみて」と指摘されたそうです。「1万円札をもらってうれしいのは、それで何が出来るか、何が買えるかを脳がイメージすることが出来るから、『うれしい』という感情が湧いてくる。1万円と書かれた紙をもらっても何も想像できないからうれしくないんですよ、と教えられました。営業成績の数字が意味していることを考えたら、伸びていなくても悩みだと思わなくなりました」。違う視点で見れば、感情をコントロール出来ると知った竹井さん。同時期にお子さんが反抗期を迎えて子育てに悩んでいたこともあり、「子育て」にNLPが生かせると考えました。

Share