マイベストプロ香川

大熊雅貴プロのご紹介

現在はもちろん、将来の出費を見据えることで(1/3)

マネープランニングのプロ・大熊さん

楽しく、そして“かしこく生きる”をサポート

 ビルの2階に事務所を構える「株式会社S・H・C高松支店」のFP事業部営業本部長として働く大熊さん。訪れる人に緊張感を与えない、穏やかな雰囲気とやわらかな話口調が印象的です。

 これまでの個人からの相談は1200件以上。その中でも子育て世代からのお金に関する相談が多いそうです。「2~3年後に家を建てたいけれど、現在の収入で本当に自分の家が持てるのか…」という住宅ローンに関する相談も増えています。大熊さんは、依頼者の年収だけを見るのではなく、その人の将来を見据えて具体的に話を進めます。それは、子供の人数など家族構成によっても将来の出費が大きく変わってくるからです。将来、子供の学費をどこまで出す予定か、旅行など家族の趣味も踏まえながら理想的な家が建てられるかを診断していきます。そして、家を建てることによって将来にどんな影響が出るかがを明確に。

 自分の収支に関しては、分かっているつもりでも将来的な部分まで見据えて考えるのはなかなか難しいもの。それをプロの目で診断してもらうのは、とても大切なことです。“ファイナンシャルプランナーに相談する”というのは、最初は緊張するかも知れませんが、大熊さんへの依頼は「相談してよかった」という顧客間の紹介が多いのも特徴です。

Share

大熊雅貴プロのコンテンツ