マイベストプロ神戸

埴岡雅則プロのご紹介

将来のビジネスモデルの変化を予測し、企業のIT導入やDX化を支援(1/3)

埴岡雅則 はにおかまさのり

IT化を推進する人材の育成やコンサルティングを行うDX学校神戸校を運営

 「DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、属人化していた手仕事を、システムなどで自動化、集約化して生産性や業績を上げるだけでなく、組織が意識を変え、ビジネスを変革していくこと。そのプロセスをお手伝いします」

 そう話すのは「DX学校神戸校」を運営する埴岡雅則さん。IT化を進めるリーダーの育成やコンサルティングを通じて中小企業のDX化を推進します。

 「現場で多く見受けられるのが、それぞれの業務で導入しているツールが全社的に連携できていないケースです。例えば勤怠管理ソフトから勤務時間のデータを取り出し、別の給与システムに再入力して計算するなど、IT化によりかえって作業量が増えていることもしばしば。ソフトごとにパスワードが異なり、煩雑になっていることもよくあります」

 デジタル化に際して埴岡さんが心掛けているのが、顧客の少し先の未来を想像しながら寄り添うこと。「その場しのぎでITを使うのではなく、ビジネスモデルがどう変化するかを予測した上で手を打たなければならない」と強調し、成長の各フェーズで課題を発見して改善策を講じるなど、時代の変化を把握しマネジメントできる人材が必要になると訴えます。

 「長年にわたり通信機器販売の業界に身を置き事業を営んできた経験と、DXの視点から経営者の悩みを解消したいと思います。業務が効率化し、お客さまのプロジェクトが動き出す瞬間を見られたときはやりがいを感じますし、今後の展開にワクワクしますね。10年先の経営を見据えながら、一人勝ちできる市場“ブルーオーシャン”を見つけていきましょう」

Share
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ神戸
  3. 兵庫のビジネス
  4. 兵庫の人材育成・社員研修
  5. 埴岡雅則
  6. 取材記事

© My Best Pro