マイベストプロ広島

平岡昌三プロのご紹介

「聞こえ」の悩みに真摯に寄り添い、お客さまの「より豊かな暮らし」を叶える補聴器をアドバイス(1/3)

平岡さん

補聴器のプロが在籍する「認定補聴器専門店」。「3カ月の無料貸し出し」でより良い「聞こえ」を実現

 「最近、人の話がよく聞き取れない」、「自分の名前を呼ばれても、気づかないことがある」など、「聞き取りにくさ」を感じたことはありませんか? 尾道市、東広島市、三原市で認定補聴器専門店を経営する、「有限会社 中国補聴器」の認定補聴器技能者・平岡昌三さんは、「まずは耳鼻咽喉科を受診してください」とアドバイスします。「聞こえにくさの原因はさまざまで、耳垢や中耳炎など病気の場合もあります。補聴器を買う前にまずは専門医の診察を受け、補聴器の使用が適切かどうか、きちんと診察してもらいましょう」

 専門医の診療の次にどんな販売店に相談するかがとても重要です。最近では販売形態も多様化し、専門店やメガネ店、催事販売や出張販売、さらには通信販売など、どこに相談すればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。平岡さんは、「補聴器に関してどこに相談すれば良いか迷われたら、まずは常勤の『認定補聴器技能者』が在籍する『認定補聴器専門店』であるかどうかが、ひとつの目安になると思いますと話します。

 「認定補聴器技能者」とは、公益財団法人テクノエイド協会が認定する、確かな技能と正しい知識を持った「補聴器のエキスパート」のこと。全国で約4000人おり、平岡さんのお店では平岡さんを含め7人の認定補聴器技能者が活躍しています。「一人一人状況が異なるお客さまにきめこまかく相談に応じながら最適な補聴器を選び、調整やケアをしていくには専門的な知識が欠かせません。当社では相談医とも連携しながら、認定補聴器技能者が責任を持ってお悩みの相談にこたえ、補聴器を提案、調整しています」

 加えて平岡さんのお店では、より良い「聞こえ」を実現してもらいたいと、購入前に補聴器の無料貸し出しをしています。1週間や1カ月間無料貸し出しする販売店もありますが、平岡さんのお店では3カ月間無料で貸し出します。「なかなかこれだけの長期間、無料で貸し出しする店はない」と胸を張る平岡さん。しかしなぜ3カ月なのでしょうか?「実際に音を聞いているのは脳なんです。音の刺激の少ない状態に慣れてしまった『難聴の脳』にはトレーニングが必要です。最初の1カ月は今まで聞こえなかった音が聞こえるようになり、うるさくて大変に思うかもしれませんが、時間が経つにつれて脳も変化します。それを実感するのに3カ月はかかると思ってください。まずは3カ月、きっと聞こえ方が変わってきますよ」

Share

平岡昌三プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0848-29-9833

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平岡昌三

有限会社 中国補聴器

担当平岡昌三(ひらおかしょうぞう)

地図・アクセス

平岡昌三プロのコンテンツ