マイベストプロ千葉
小泉金次

障害年金相談に特化した社会保険労務士

小泉金次(こいずみきんじ) / 社会保険労務士

関東障害年金相談センター(運営:小泉社会保険労務士事務所)

お電話での
お問い合わせ
0120-17-3693

小泉金次プロのご紹介

相談者の心に寄り添い、障害年金の受給をサポート(1/3)

小泉社会保険労務士事務所の小泉金次さん

障害年金を受給できる対象の傷病は幅広い

 関東障害年金相談センターの社会保険労務士・小泉金次さんは、障害年金の受給サポートに特化して活動しています。

 障害年金は公的な年金制度の一つで、原則20~64歳の方を対象に、病気やケガにより障害を負い、日常生活や就労に困難が生じた場合に国から給付されます。原因となった傷病の初診日に国民年金か厚生(共済)年金などの年金制度に加入していること、初診日前に一定の保険料を納めていることが条件です。

 「障害」と名のつくことから、重度の障害がある人が受ける年金だと思われがちですが、実は、幅広い傷病が対象になっています。例えば、がん、うつ病、双極性障害などの精神疾患、脳梗塞、脳出血などの脳疾患、狭心症、心筋梗塞などの心疾患、眼・耳の疾患、人工透析、糖尿病合併症、腎不全、人工関節、その他難病、交通事故による後遺症などです。

「しかし、障害年金の潜在的受給権者は270万人といわれながら、受給されている方はほんの一部。自分が対象の疾病であることを知らない、そもそも障害年金を知らないことから、もらえるはずの障害年金をもらっていない人も多い。障害年金を受給することで、本人や家族の経済的、精神的負担を軽減できます。一人でも多くの方に障害年金の存在を知ってもらいたい」と小泉さんは話します。

 障害年金の給付を受けるには、請求手続きが必要ですが、提出書類が多く、複雑なため、自力での請求をあきらめてしまう人も少なくありません。小泉さんは、社会保険労務士として必要な手続きを代行してくれます。
「障害認定を受けるには、行政の定める障害認定基準・障害認定要領の内容に適合していることが必要です。そのための重要な書類として“診断書”があります。障害認定や等級にも関わる書類なので、担当医とよく話し合い、症状に見合った適切な内容を記入してもらわなければなりません。当センターでは、診断書のチェックはもちろん、担当医とのやりとりの手助けも行います。実際の症状よりも軽い内容の診断書を提出することで、受給額が減額されてしまうことも。さかのぼって請求できることを知らずに申請しても、同様です。相談に乗ることで、給付金額が上がる可能性もあります。初診日が特定できないなど難しいケースでもご相談に乗っています。まずはお電話をください」

 給付額は、年金制度の種類、納めていた保険料、等級、配偶者や子どもの有無などによって異なりますが、年間約60~150万円程度です。これまで、小泉さんのサポートで、統合失調症で厚生年金2級と判定され、年間250万円を受給できた事例もあります。

Share

小泉金次プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-17-3693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小泉金次

関東障害年金相談センター(運営:小泉社会保険労務士事務所)

担当小泉金次(こいずみきんじ)

地図・アクセス

小泉金次プロのコンテンツ