マイベストプロ石川
木村寛伸

がんの早期発見に力を入れる内視鏡検査のプロ

木村寛伸(きむらひろのぶ) / 医師

みずきクリニック

木村寛伸プロのご紹介

不安に寄り添う胃・大腸の内視鏡検査で、がんの早期発見を目指す(1/3)

木村寛伸 きむらひろのぶ

検査時の苦痛が少ない胃カメラ・大腸カメラで、予防医学に注力

 「『忙しくて、健康診断を受ける暇がない』と先送りにしていませんか?働き盛りの40代から60代の方に、定期的な受診をおすすめします」と話すのは、金沢市にある「みずきクリニック」院長の木村寛伸さん。消化器病・内視鏡専門医として、胃・大腸の内視鏡検査に力を入れ、総合病院での勤務時代も含め豊富な経験知を誇ります。

 「40代でもがんで亡くなる方は少なくありません。内視鏡は、胃がん・大腸がんの早期発見に有用な検査です。病変が見つかったとしても、ポリープの段階で内視鏡的に切除できれば、外科手術に至らず、体への負担が少なくて済みます」

 「内視鏡検査はつらい」と抵抗のある人も多いでしょう。同クリニックでは、胃内視鏡(胃カメラ)を口から挿入する「経口式」、鼻からの「経鼻式」をそれぞれ用意。口からの場合は、要望に応じて、眠ったような状態で検査ができる鎮静剤を併用します。
 「当院では、検査をラクに受けたいと、経口式で鎮静剤を望む方が多いですね。経鼻式は、舌根を刺激しないので嘔吐感がなく、検査中も会話ができます。また、検査後の安静や車の運転などの行動制限がない点もメリットです」

 大腸内視鏡でも、希望者には鎮静剤を使用。粘膜を確認する際に注入する空気の代わりに炭酸ガスを採用し、苦痛の一つである検査後の腹部の膨張感を抑えます。
 「がんの前段階である大腸ポリープが見つかれば、日帰りの切除手術を行っています。ポリープが大きい場合や外科手術が必要な場合、提携する総合病院を紹介いたします」

Share

木村寛伸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-255-0337

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村寛伸

みずきクリニック

担当木村寛伸(きむらひろのぶ)

地図・アクセス

木村寛伸プロのコンテンツ