まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
栗本佳孝

遺族の立場で依頼者をサポートする遺品整理のプロ

栗本佳孝(くりもとよしたか)

お部屋の片付けまかせ隊

栗本佳孝プロのご紹介

遺族の役に立ちたい!親身な遺品整理は、実体験があるからこそ(1/3)

栗本佳孝 くりもとよしたか

「今、必要なサービスは何か?」を、遺族の立場から考える

 高齢化が深刻に進む中、今注目を浴びているビジネスがあります。それは遺品の整理や、空き家の片づけを行うサービス。日本では3時間に1人の割り合いで「孤独死」が発生しているという統計もあり、こうした時代背景を受けて、整備が急がれているサービスのひとつと言えます。

 ニーズの高まりに比例して、片付け業務を行う会社は増えているものの、価格設定やサービス内容に関しては実にさまざま。会社によっては法外な料金を請求するというケースもあるそうです。残された家族にとっては、身内の孤独死というデリケートで不安な状況において、価格などを冷静に判断するのは難しいところ。業者が提示した言い値を、言われるがままに受け入れる方が多いのではないでしょうか。

 岐阜市において車関連の事業を展開してきた栗本佳孝氏が、そんな片付け業務に目を向けるきっかけとなったのは「身内の孤独死」。遺品整理を依頼する家族の立場として感じた、「不安に思った点」「気遣って欲しかった点」などの実体験を通して、「自分にできることは何か?」と考え始めたそうです。

 「あまり人に話したくないこともありますが、正直にお話します。2011年、私の妹は40歳という若さで、この世を後にしました。当時名古屋市内で1人暮らしをしており、私が駆けつけたのは死後2週間ほどが経った後。突発的な病気による孤独死で、遺体の腐敗が進んでいる状態でした」と、栗本氏は当時を振り返ります。

 「死後の家族の対応というのは、本当に大変でした。妹の死に呆然とするしかありませんでしたが、遺体の引き取りや、遺体が見つかったアパートの片付けが必要とのことで、専門業者へお願いすることに。その際、部屋の片付けで発生した請求金額が数十万円と、今思えばかなり高額なものでした」

 そんな栗本氏が、冷静さを取り戻したのは、葬儀も終わり、ひと段落した頃。「なぜ、あそこまで高額だったのか?」「廃棄物処理や運搬の資格は持っていたのか?」など、適正な内容かを疑問視し始めたそう。「いろいろ調べてみて分かったのは、私が依頼した業者は、相場に比べて高額であったこと。後悔しても仕方はありませんが、当時の自分と同じように困る方がいるのなら、自分で事業を立ち上げようという考えに辿り着きました。遺族の立場が分かっている私だからこそ、適正な価格、そして遺族の気持ちに寄り添うサービスを手掛けたい。そう強く想うようになりました」

栗本佳孝プロのその他のコンテンツ

Share

栗本佳孝プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-852-409

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栗本佳孝

お部屋の片付けまかせ隊

担当栗本佳孝(くりもとよしたか)

地図・アクセス

栗本佳孝のソーシャルメディア

facebook
Facebook

栗本佳孝のソーシャルメディア

facebook
Facebook

栗本佳孝プロのその他のコンテンツ