まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
青山創星

確定拠出年金と資産運用に強いファイナンシャルプランナー

青山創星(あおやまそうせい)

 

青山創星プロのご紹介

確定拠出年金とリスクを抑えた資産運用で幸せな老後に(1/3)

ファイナンシャルプランナー青山創星さんの仕事風景

老後破産を予防し、節税効果も高い確定拠出年金

「節税効果も高く、老後の安心が得られるなど、すばらしい制度ですが、あまりにも世間に知られていません。“老後破産”を防ぐためにも、多くの人に確定拠出年金を広めたいですね」と語るのは、確定拠出年金(401k)導入とリスクを抑えた資産運用をサポートするファイナンシャルプランナー(FP)青山創星さん。元大手銀行員であり、資産運用についても豊富な知識と経験を持つプロです。

今、青山さんが懸念しているのが世間でも話題の“老後破産”。「昔は年金が60歳から支給開始され、サラリーマンであれば退職金制度や企業年金もあり、老後の生活ができました。しかし、年金の受給開始年齢は65歳に引き上げられ、低金利時代に。企業年金や退職金制度は廃止や縮小を余儀なくされています」と現状を語ります。

特に中小企業ではより深刻な状況に。そんな中小企業にこそおすすめなのが「確定拠出年金」だそうです。

「国が用意してくれた老後のための最強の制度といっても過言ではありません」と青山さん。毎月の掛け金は所得税や住民税が非課税に。また運用中の利息や利益に通常かかる2割の税金が非課税になるうえ、払い戻し時にも税金が大幅に優遇されるそうです。確定拠出年金には企業型と個人型があり、企業型では掛け金を会社の経費として処理することが可能という利点がさらに加わるそう。

「一人社長様は、まずは売上、集客を伸ばして稼ぐことに集中し、資金繰りをつけるのが最優先課題でしょう。その次の課題は、ご家族やご自分の将来を守り、不安を取り除くことだと思います。確定拠出年金であれば、一人社長や家族経営でも会社であれば、社長様やご家族様の掛け金を経費で掛けて老後の生活費に充てることができます。万が一、倒産した場合でも、掛け金は差し押さえられません。確定拠出年金は、会社の経営にもプラス、個人の生活設計にもプラス、まさに一石二鳥です。また従業員の老後を守ってあげられるので、少額でも始められることをおすすめします」とそのメリットを強調します。

青山創星プロのその他のコンテンツ

Share

青山創星プロのその他のコンテンツ