まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
五十嵐将志

リサイクルと事務機のプロ

五十嵐将志(いがらししょうじ)

事務機器、事務用品のリサイクルショップ 株式会社イガラシ

お電話での
お問い合わせ
022-297-3151

五十嵐将志プロのご紹介

豊富な商品知識と適正価格の頼れるリサイクルショップ(1/3)

五十嵐将志 いがらししょうじ

リサイクルショップのコンセプトを日本に広めた店

 宮城野区銀杏町にある「リサイクルショップイガラシ」は、一般家庭向けの家電、家具、生活雑貨などのほか、企業や店舗などの事務機器、事務用品、厨房機器の新品(未使用品)、リサイクル(中古)品の販売、買取を行なっています。
「中古品を買い取ったり、販売したりする店をリサイクルショップと名づけたのは、実はうちの店なんです」と話すのは、同店を経営する株式会社イガラシ代表取締役・五十嵐将志さん。
「明治時代ぐらいからと聞いていますが、山形県新庄市の父親の実家では、近所の人が不用になったものを持って来てお金に換えたり、別の物と交換できる店をしていました。質屋とは違った商売だったようですね」。
 昭和30年代に、ご両親が仙台に移って自宅兼店舗で同じ商売を始め、軌道に乗った昭和43年、現在の宮城野区銀杏町に店舗を構えました。その際、母みわ子さんが、個人宅の家具や雑貨などの不用品を車庫で売るアメリカのガレージセールなどからヒントを得て、「リサイクルショップ」という名前を思いついたのだそう。
 名前がつくことで店のコンセプトが世の中に広く知られるように。「当時はかなり話題になり、うちの外観や内装などを真似る店が相次いだと聞いています」。 
 
 限りある資源の有効活用を一人ひとりが考えなければいけない今、「もったいない」という日本語はその精神も含めて賞賛され、地球資源を守る世界の言葉として広まっています。「昔は使えるのに捨てるなんていうことはしなかった。例えば着物は仕立て直したり、別のものに作り変えたりして、生地がボロボロになるまで使うのは当たり前だった」子どもの頃から、いつもそんな話をしてくれたお母様は、「もったいない」が口癖だったそう。

五十嵐将志プロのその他のコンテンツ

Share

五十嵐将志プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
022-297-3151

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

五十嵐将志

事務機器、事務用品のリサイクルショップ 株式会社イガラシ

担当五十嵐将志(いがらししょうじ)

地図・アクセス

五十嵐将志プロのその他のコンテンツ