まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
光畑浩美

音楽を「魂の薬」として生きる力に繋げるプロ

光畑浩美(みつはたひろみ)

一般社団法人全日本らくらくピアノ®協会 

お電話での
お問い合わせ
06-6734-3339

お客様の声詳細

参考になった35

文化・教養

らくらくピアノが私自身の、喜び・生きがい『なりたい自分』へと変わることに感動!

2014年9月26日

50代/女性

『なりたい自分になる』今年の正月、なにげなく見ていた通信教育講座の
テレビCMのメッセージに、心が突き動かされた。
50才の節目を迎え子育てもひと段落し、ふと自分の人生を振り返った時、すべてに中途半端な自分に愕然とした。

今の自分は、果たしてなりたかった自分なのか。
今からでもなり直し、立て直すことはできるのか。

思えば、いつも人より一歩下がって冷めた目で見るタイプだった。
何かに熱中する事なく、一生懸命取り組む事なく、結果当然のごとく成功するでもない、それなりの人生。
しかし、もっと何かができるのではないか、チャレンジしてみたいという思いは常にあった。

そんな中、母が見つけた『らくらくピアノ認定講師養成講座』の記事。
「お母さんもピアノ弾いてみたいわぁ。」その一言に「これだ!」と飛びついた。
中途半端な自分へ、何かしらヒントとなる物を求めて。

らくらくピアノの講座は、今まで子供に教えてきた常識を覆す、カルチャーショックの連続だった。
しかし、代表理事 光畑浩美先生の実践をまじえた丁寧な解説に、納得、共感。

そして何より得た一番の糧は、代表理事 光畑先生との出会いだ。
先生の生きざま、一つ一つの言葉の重みに感動。
特に先生がおっしゃる「まず動く」は、講師の指針であると同時に、今後の私の生きるベースにしようと思う言葉だ。

カルチャーを皮切りに区民センター、公民館、自治会館や高齢者用マンション等への、らくらくピアノのご紹介。
当初はおそるおそるだったが、様々な方との出会いやふれ合いに一喜一憂しつつ
「よし、さらに動いてみよう」と動く事が快感になってきた。

しかも行く先々で、らくらくピアノをとても評価して頂いたり、チラシを見た方から
「一度でいいからピアノを弾いてみたかった」「80才過ぎてますが、弾けますか?」などのお問合せを
複数いただき、とても嬉しくなった。

動けば動くほど、らくらくピアノの内容の深さと素晴らしさを実感し
もっとたくさんの人に、知って喜んで頂きたいという思いが強くなった。

そのためには私自身がらくらくピアノの勉強を重ねて、中高年を教えるプロに
少しでも近付けるよう、常に精進していかなければ。
今後の講座へも、気を引き締めて臨みたい。

9月以降、自治会館、まちづくりスポット、カルチャー2か所で開講予定だ。
これからが正念場。
せっかく「弾きたい、楽しみたい」気持ちでいらして頂いた皆さまの、ご期待にそえるよう
様々な場面に、常に真摯に本気で取り組んでいきたいと思う。

そして、迷った時も立ち止まらず「まず動く」ことから始めていこうと思う。
らくらくピアノが私自身の、喜び・生きがいとなり『なりたい自分になる』ように。

あなたの評価は? 参考になった

投稿はユーザーが依頼をした当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。

光畑浩美プロのその他のコンテンツ

Share

光畑浩美のソーシャルメディア

facebook
Facebook