まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
光畑浩美

音楽を「魂の薬」として生きる力に繋げるプロ

光畑浩美(みつはたひろみ)

一般社団法人全日本らくらくピアノ®協会 

お電話での
お問い合わせ
06-6734-3339

お客様の声詳細

参考になった24

音楽

癌患者の友人から、「らくらくピアノ」の話を聞いて飛びつきました!

2012年10月5日

50代/女性

私は6年前、癌になり、大変ショックを受けました。

その時は、薬剤・ホルモン療法のみで治療をしたのですが、
なんと! そのわずか1年半後、また癌が再発しました。

医師から、2度目の告知をされる。。!!!
この辛さは、とても言葉では言い表せません。。 

放射線治療や抗がん剤の投与がずっと続き、怖さと不安で涙する日々。
本当に苦しかったです。

その後なんとか治療を終えたのですが、白血球が少なくなっているので、免疫力が低下。
なかなか外には出掛ける事も出来ず、今後の人生に不安を抱えていました。

『このまま、家に閉じこもる人生になってはいけない!!』

体調への不安と葛藤しつつ、癌の「患者の会」と交流しました。
その時です!!
 
同じく癌を経験している友達から、「らくらくピアノ」を始めたというお話を聞きました。

『これだ!! 私もしてみよう!』
子供達が習っている頃に、実は私も弾けたらいいなと思っていましたから、
すぐに飛びつきました。

始めてみたら、もぅ本当~に楽しいですね!!

ピアノを弾いている時間は、体調の不安も忘れて
『スラスラスラ~ッと弾けるように!』と頑張りますから、
本当に楽しいです。

勿論、指を動かしますから、ストレッチにもなりますね。

ちょっと弾けたら、嬉しくなる。 そして、また弾いてみる。
さらに、上手になる。 そのうち、ちょっと自分の自信になってくる。。
だから、楽しいです。

未だに、ちょっと体が痛むと、癌への不安がよぎりますが、
『検査の時以外は心配をしないでおこう!!』と思うようにして、
楽しむ生活を送っています。

なんか。。こう。。
聴いている人が『いい曲ね~っ!』と思わず言って下さるような演奏が出来たら、
嬉しいですね。

他の癌の友達も、サークルをつくって「らくらくピアノ」を楽しんでいますよ。

心の込められたものを大切に。
それから、時間を大切にして、自分らしく過ごしたいと思っています。

あなたの評価は? 参考になった

投稿はユーザーが依頼をした当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。

光畑浩美プロのその他のコンテンツ

Share

光畑浩美のソーシャルメディア

facebook
Facebook