マイベストプロ香川
佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(さとうのぶゆき) / 薬剤師

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

お客様の声詳細

2019年1月11日

参考になった41

長年続いていた、眩暈(めまい)が漢方薬で改善された

漢方・薬膳

50代/女性

K・Yさん

自営業

プロへの依頼:3回以上

利用した時期:2019年01月

依頼・利用内容:四季の変わり目毎に酷くなるた(めまい)が漢方薬で改善され買い物に自由に行けるようになり、最近では宿泊旅行に不安なく行けるようになりました。

数年前から仕事が忙しくなったのと実家の父親の介護もあり(めまい)が酷くて時には外出が出来なくなりました。主治医の先生の薬は飲むと眠くなったり、もの忘れが気になるので寝る前にしか飲めません。そこで主人の腰痛の時に相談に行った漢方専門薬局のすみれ漢方施薬院薬局さんに私の事で相談に行きました。季節の変わり目とか急に寒くなったり、冷房の効いた部屋から外に出ると、眼が回ったり時には吐き気・肩こりも酷くなります。主人の腰痛はす、すみれ漢方施薬院薬局さんの漢方薬で病院から戴いていた頓服で服用する鎮痛剤の利用が激減し今では元気に仕事が出来ていますが私の目まいが酷いので家事にも困っていました。佐藤先生は目まいの原因は冷え体質と寒暖差疲労による自律神経失調症気味な事だからと冷えを改善しながら(めまい)を改善できる液体の漢方薬『婦宝当帰膠』を「お湯割り」で飲むようにと指示されました。そして疲れた心を癒やしてくれる『合歓の花』のエキスを併用しました。そして(めまい)と同時に時に動悸・息切れがする時には頓服として麝香と牛黄に羚羊角という動物性生薬が配合された金の玉の漢方薬『牛黄清心元』と『定悸飲』という粒の漢方薬を常に携帯していました。婦宝当帰膠は「お湯割り」にして飲む手間がいりますが、朝一番に婦宝当帰膠を「お湯割り」にして飲んでいたらお腹の中から温かく気持ちよくなり家事や仕事もテキパキと出来るようなり、めまいの発生する回数が少しずつ減ってきました。仕事が忙しくて目まいがしそうと感じたらすぐに牛黄清心元を1/2丸、そして定悸飲を5粒程度飲んでいたら、目まいがしなくて無事にすみました。最近では牛黄清心元だけを常にポケットに入れて家事や仕事をこなしています。ありがたいのは家族で泊まりがけでの旅行に心配なく行けることです。佐藤先生によれば、もっと元気になれば婦宝当帰膠だけでも大丈夫と言っていただけました。最近では生理不順だった娘も婦宝当帰膠を飲みはじめました。漢方薬のありがたいことは飲んでもボーとしたり眠くならない事です。

あなたの評価は? 参考になった

投稿はユーザーが依頼をした当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。

Share
このプロの「参考になった」が多い声

佐藤宣幸プロのコンテンツ