まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
  1. 10年以上身につけてきた相棒ともいえる物の重みを感じましたし、ひしひしと嬉しさがこみ上げました。
衞藤憲太郎

時計修理、修復とビフォーケアのプロ

衞藤憲太郎(えとうけんたろう)

株式会社ハナブサ

お客様の声詳細

参考になった11

生活サービス

10年以上身につけてきた相棒ともいえる物の重みを感じましたし、ひしひしと嬉しさがこみ上げました。

2016年4月17日

男性

この度、WENGER腕時計のガラス破損をご修理いただきました浜野と申します。修理完了ということで受領いたしました時計を見て目を疑いました。今回、純正のガラスはメーカー部品払底ということで、既製のガラスをしようして修理いただくというご連絡をいただいた時点で正直あまり期待をしていませんでした。しかしながら私のような素人には区別もつかず時計が新品になって戻ってきたような気分です。

このWENGERの腕時計は特にブランド品というわけでもありませんが、視認性がとてもよく長らく気に入って実用していたもので惜しくもガラスを破損した時点でもう廃棄かと思っていました。だめもとでしたが大手家電量販店の時計の修理部にもっていったところ純正品払底ということで修理を断られました。最後の手段でインターネットを検索いたしましたら、WENGERの同じタイプのガラス修理の例が御社のホームページに出ており、今回修理をお願いしましたが、やはり純正部品はないということでした。但し、既製のガラスを使用しての修理ならば可能ですとのご返事でした。また、その間いただいたご連絡も既製ガラスでは正式な防水性能は保証できないとの的確なご説明もありました。当方既製ガラスなるものの商品知識もなくだめもとで修理続行をお願いして、今手元に戻ってきました時計をみてやはり10年以上身につけてきた相棒ともいえる物の重みを感じましたし、ひしひしと嬉しさがこみ上げてまいりました。

改めまして、今回御社にお世話になって良かったと思っています。
ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

あなたの評価は? 参考になった

投稿はユーザーが依頼をした当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。

衞藤憲太郎プロのその他のコンテンツ

Share