マイベストプロ山梨

コラム

家を建てる前にしっておきたい老後不安を軽減させるiDeCo活用法

30歳で35年返済の住宅ローンを
組むと返済完了年は65歳です。

繰り上げ返済をしないかぎり
30歳までに家を建てないと

定年退職の65歳位までに返済が
終わらないということになります。

「そんなこと分かっている」と言っても
現実的に30歳までに家を建てる

ということは、なかなかハードルが
高い話です。

実際に相談にみえる方は30代から
40代の方が中心です。

繰り上げ返済をしないと
定年後も住宅ローンは残りそうです。

さて、あなたが住宅ローンの支払いを
終わらせるは何歳の予定ですか?

その時、確実な貯金はどのくらい
あるか想像できますか?

コツコツと定期的に積み立てを
していかないと35年後の預金の
予測はできません。


住宅ローンを組む時こそ定期的に
計画的に貯蓄をするチャンスです。

最初にすることは支出の見直し


方法としてiDeCoで節税メリットを
生かしながら老後の備えをするのは
お勧めです。

でも、その前にやることがあります。

それは支出の見直し。

家の計画をスタートした時に
ぜひ最初にして欲しいことです。

例えば35歳のあなたが今の家計から
30年間毎月5,000円節約できたら

5,000円×12×30=180万円
貯まります。

身近な節約方法は?

・携帯電話など通信費の見直し
・週2回のお弁当持参
・煙草を月10箱減らす

そうなったら思い切って禁煙などなど
決してケチケチ作戦ではなくて
ずっと継続できる方法が良いですね。

良いことは続け、悪いことは止める。
5千円くらい見直し出来ませんか?

そんなに頑張らなくても
1万円くらい行けるかもしれません。

節約分をiDeCoで積み立て老後の準備


もし今の家計から1万円節約出来たら
お勧めするのは
住宅ローンの返済額を上げずに
そのお金をiDeCoで積み立てです。

35歳の時からiDeCoで積み立てを
30年間すると

10,000円×12×30=360万円
年利3%で計算すると224万円
元本と合わせると584万円。

65歳の時にはほぼ584万円が
老後の積み立てとして貯まります。

しかも無理をしない良い節約のお金が。
もちろんボーナスを一気に貯めていく
方法もありますが確実ではありません。

まさに、継続は力なり!です。

節約分で住宅ローンを増やした時の借り入れは?


それでは
1万円を住宅ローンに増やした時
借入金額はどの位多くなるでしょうか。

節約した10,000円を金利1.5%で
30年間借り入れをすると
289万円多く借りられます。

584万円との差は295万円。

しかも
住宅ローンを増やしたら65歳の時は
584万円の積み立てはありません。

住宅コストは無理に
上げる必要はありません。

むしろ住宅コスト自体にも節約できる
方法があるのです。

家を建てる時こそ家計を見直して
その上で順番通り進めてください。

支出の見直し
    ↓
節約できたお金で老後の積み立て
    ↓
住宅ローンの借入額を決める
    ↓
住宅会社との相談

この順番で家づくりを進めていくと
必ずお金は貯まります。

家づくりの資金計画をするときは
無理をしないだけでなく

家を建ててからもお金が貯まるよう
順番を間違わないでくださいね。

*****************
あなたが住宅購入で迷っていることや
分からないことがあったら

『山梨住まいのFP相談室』へ
お気軽にご相談ください。

====================

あなたの家庭の適切な住宅購入予算を知る方法

http://yamanashi-fp.com

====================

この記事を書いたプロ

家苗浩明

マイホーム購入&住宅ローン相談のプロ

家苗浩明(山梨住まいのFP相談室)

Share
関連するコラム