マイベストプロ山梨

コラム

住宅購入と同じ、多岐にわたるキャッシュレス

2019年11月12日

テーマ:★失敗しない住宅購入の為のお役立ち情報★

コラムカテゴリ:くらし

消費税も10%に上がり
一か月以上経ちました。

たまに行くイトーヨーカ堂の
レジも新しくなりました。

・現金での支払い
・クレジットカード
・お店独自のカード
・チャージして使うカード

レジを眺めていると
キャッシュレスで支払う人が
増えています。

せっかくのポイント還元だから
支払いもお特に済ませたいですよね。

私は自分の買い物といえば
コンビニでコーヒーを買って
現金払いをするくらい。

カードはSUICAと
クレジットカード3枚です。

正直、カードのポイント還元意識は低いまま。
自分のこととなるとダメですね。

あなたは増税前にどんな準備をしましたか?


キャッシュレスの意識を高めるため
お得に買い物をすることに努力を
惜しまない弊社の事務員さんに

「何をしたら、お特にキャッシュレスができるの?」
と聞いてみました。

最初にしたことはよく行くお店で
どんなキャッシュレスが使えるか
チェックをしたそうです。

・PAYPAY
・楽天PAY
・LINEPAY 
・折り紙PAY

より多くのポイントが貯まるように
キャッシュレスのポイント還元だって
効率良く貯めた方が良いはずです。

結果、彼女の行動範囲で多かった
PAYPAYに決めたそうです。

PAYPAYのチャージ方法にも
色々な方法があるようで、

銀行口座から直接チャージや
クレジットカードを登録させて
カードからチャージ。

セブン銀行のATMから
現金でチャージ。

そもそも彼女は「現金チャージ」が
外せない条件だったようです。

しかもPAYPAYのポイント還元を
最大に活かすためには
このセブン銀行からの現金チャージ

もしくは
ヤフーカードとの連動による
クレジットカードチャージ
この2択ということです。

PAYPAYの中にも
ポイント還元率が高いものと
そうでないものがあるんですって。

最後の決め手はお店の人に確認する


それなら今はPAYPAYばかり
使っているか?というと

そうでもないみたいで、
そのお店で使えるキャッシュレスが

複数あれば1番還元率が良い方法を
お店の人に確認しているそうです。

マメですね!

                   
例えば、セブンイレブンでは
PAYPAYも使えるけれど

既に使っている電子マネーの
ナナコカードも使える。

「どっちで払えば得ですか?」と
セブンイレブンで聞いたら
「今はナナコ」と言われたそうです。
                   
どうやらキャンペーンがあると
その時その時で変わるみたいです。

                 
どの方法が良いか迷ったときは
お店の人に聞くのが1番とのこと。

キャッシュレス、奥が深くて複雑ですね。
それにしても、良く調べたものです。

消費の促進は同じでも家の購入は慎重に


なぜ、キャッシュレスにするのか?

それは増税後にポイント還元をして
消費の喚起を促すためです。

消費税後の住宅産業の落ち込みを
回避する目的の住宅ローン減税と
同じですね。

しかし、住宅ローンが
普段の買い物とは違うのは

・一生に一回の買い物
・一千万円単位の支払い金額
・一気に手元のお金を大きく減らす
・金利タイプの選択が難しい
・支払いは一回ではなくて最長420回


家を購入するときは普段の買い物とは
比較にならないくらい考えることが
あります。

住宅ローンや家のことについて
あなたはどの位調べていますか?

まずは心配なこと、気になること
から調べてみましょう。

しかし、すべてを調べて自分で
決断することは難しいことです。

その店の買い物の支払い方を
「どっちの方法が良いの?」
と店員さんに尋ねる感覚で

あなたが迷っていることや
分からないことがあったら

『山梨住まいのFP相談室』へ
お気軽にご相談くださいね。

====================

あなたの家庭の適切な住宅購入予算を知る方法

http://yamanashi-fp.com

====================

この記事を書いたプロ

家苗浩明

マイホーム購入&住宅ローン相談のプロ

家苗浩明(山梨住まいのFP相談室)

Share
関連するコラム

家苗浩明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-243-4433

 

お気軽にお問合せください!

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

家苗浩明

山梨住まいのFP相談室

担当家苗浩明(かなえひろあき)

地図・アクセス

家苗浩明のソーシャルメディア

facebook
Facebook