マイベストプロ山梨

コラム

自然災害、もしもの時に備える火災保険の入り方

2019年10月25日

テーマ:★失敗しない住宅購入の為のお役立ち情報★

コラムカテゴリ:お金・保険

自然災害にどうそなえるか?

今から家を建てるあなたにとって
心配事の一つではありませんか?

土地の購入から考えている人は
なおさらですね。

大きな被害をもたらした台風19号は
山梨から東よりを通過したことで、

堤防の決壊などによる大きな被害には
なりませんでした。

しかし、山梨を流れる河川が決壊して
テレビの報道と同じようになると思うと
台風の度に心配になりますね。

実は長野県の上田市に住む
私の親戚は千曲川の決壊で
被害を受けてしまいました。

被災された方々が早く元の生活に
戻れることを願うばかりです。

「備えあれば憂いなし」と
よく言いますが、
どんな備えが必要でしょうか。

自力で再建できる準備をしておく


地震はもちろんですが
今回のように台風による自然災害で
住まいが大きな被害を受けたり

家を失ってしまっても
国や自治体からの援助は限定的です。


市町村単位では
被災者再建支援法により

各課において免税処置をはじめ
それぞれの対応策が準備されています。

しかし、支援金の給付もあるとはいえ
再建にはとても追いつきません。

マイホームや家財は私有財産で
個人の資産形成を税金で賄わない
考え方が根本にあり

火災でも自然災害でも
自分に落ち度のない災害を受けても

自力で再建するしかないと
最初から考えておかなければ
いけません。

国や自治体に頼ることができない
これが現実です。

自力で再建するためには
保険で備えるしかありません。

あなたのリスクと地域性を考えて保険に入る


家を建てたら火災保険に入りますが
めいっぱいお金をかけて保険に
入ればいいという訳でもありません。

仮に被災してしまったとしたら
あなたのリスクは高そうですか?

例えば、
住宅ローンの残債金額が大きい
貯蓄残高が少ない・・など

リスクが高いほど手厚い保険は
必要になります。

家に住めなくなっても住宅ローンは
待ってくれません。

さらにもう一つ
あなたが暮らそうとしている地域は
どんなところでしょうか?

近くに大きな河川はありますか?
川より高い場所に位置しますか?

火災保険の中の水害は
金額的に大きな割合を占めます。

土地柄を考えた保険のかけ方も
大切ですね。

ハザードマップで心と保険の準備をする


「もう建てる場所が決まっている」

「土地はこれから購入するけど
今の生活環境から離れたくない」

というように、河川が近いからといって
住む予定の場所や生活圏を変える
ということは簡単には出来ませんよね。

そんなときはハザードマップを
しっかり見て、まずは心の準備。

「堤防が決壊したら何mは浸水する」
知っておくことは大切です。

ちなみに我が家は2m~5mの浸水
マップ上では浸水深さは
上から二番目の濃いブルー。

普段は静かで平穏無事な場所ですが
近くの河川が決壊したことを
考えると気持ちもブルーです。

土地を買うとき、家を建てる時
住む地域の土地柄を考えながら

備えるべき災害を見極めて
保険を選ぶことが大切です。

《備えあれば憂いなし》

あなたのリスクと住む場所に合わせ
最適な保険を賢く選んで
災害に備えてくださいね。

====================

あなたの家庭の適切な住宅購入予算を知る方法

http://yamanashi-fp.com

====================

この記事を書いたプロ

家苗浩明

マイホーム購入&住宅ローン相談のプロ

家苗浩明(山梨住まいのFP相談室)

Share
関連するコラム

家苗浩明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-243-4433

 

お気軽にお問合せください!

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

家苗浩明

山梨住まいのFP相談室

担当家苗浩明(かなえひろあき)

地図・アクセス

家苗浩明のソーシャルメディア

facebook
Facebook