マイベストプロ山梨
家苗浩明

マイホーム購入&住宅ローン相談のプロ

家苗浩明(かなえひろあき)

山梨住まいのFP相談室

コラム

年収だけで決めてはいけない住宅ローンの借入金額

あなたの住宅ローンの借入金額は
誰がどのように決めるのでしょうか?

銀行窓口の担当者。
不動産会社の担当者。
住宅会社の営業マン。

どの担当者も最初にこう聞きます。

「年収はいくらですか?」

年収が分かればあなたの借りられる
おおよその住宅ローンの金額は
すぐ計算出来てしまいます。

そこに自己資金が加われば
家の総予算までもが分かります。

住宅会社の営業さんは、その金額から
提案していく家の大きさや仕様の
検討を始めていきます。

家の大きさまでもの大半を決めて
しまう住宅ローンの借入金額は

どんな基準で決められて
いくのでしょうか?

借入金額を決める基準は返済比率


年収から借入金額が決められる基準は
返済比率という割合です。

返済比率は
年間返済額÷年間所得×100=〇〇%
で求められます。

例えばフラット35Sで
住宅ローンを組むと返済比率は

・400万円未満で30%以下
・400万円以上で35%以下

と決まっています。

仮に年収が400万円なら
年間の返済額は140万円
月々の返済額は116,000円

返済年数35年
固定金利で1.270%なら

他に借り入れがなければ
3,930万円借りられるということです。

さて、その返済額。

同じ年収でも
「まったく問題なし!」
「この金額はちょっと・・・」
と家計によって変わってきます。

貯蓄ができる家計。
なかなか貯蓄が出来ない家計。
家計はそれぞれ違います。

自己資金の金額によっても金利が変わる


自己資金が貯められた家計と
そうでなかった家計は
さらに大きな差が出ます。

フラット35Sで3,930万円借りたとき
・自己資金0円で100%融資だと1.71%
 総返済額は、5,225万円

・建築費に一割の自己資金を準備して
90%以内の融資だと1.27%
 総返済額は、4,869万円

金利が0.44%違うだけで
総返済額が356万円も変わるのです。

同じ年収で、同じ金額を
借り入れても自己資金の状況によって
こんなにも違います。

何を一番お伝えしたいかというと
返済比率からみた借り入れは
貸す側にとっては重要ですが、

借りる側にとって返済比率は
適正な借入金額を決める目安に
ならないということです。

借入れ金額はあなたの家計が決める


住宅会社の営業マンに
「あなたの家計を教えてください」
とは聞かれません。

住宅会社の営業マンが
あなたの家計まで心配してしまったら
より高い家が売れませんからね。

返済比率がクリアできて
融資が通れば良いわけです。

誰がどのように借入金額を
決めたら良いのでしょうか?

銀行の窓口や住宅会社の営業マンに
任せきりにしないように

あなたが、あなたの家計を把握して
将来の家計も考えて
月々の返済額を決めること!

それが家づくりの1丁目1番地。
スタート地点になります。

スタート地点は住宅公園ではなくて
あなたの家の家計簿です。

無理のない借入金額が決まれば、
お金に不安のない家づくりが
始められるはずです。

====================

あなたの家庭の適切な住宅購入予算を知る方法

http://yamanashi-fp.com

====================

この記事を書いたプロ

家苗浩明

マイホーム購入&住宅ローン相談のプロ

家苗浩明(山梨住まいのFP相談室)

Share
関連するコラム

家苗浩明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-243-4433

 

お気軽にお問合せください!

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

家苗浩明

山梨住まいのFP相談室

担当家苗浩明(かなえひろあき)

地図・アクセス

家苗浩明のソーシャルメディア

facebook
Facebook

家苗浩明プロのコンテンツ