マイベストプロ山梨
家苗浩明

マイホーム購入&住宅ローン相談のプロ

家苗浩明(かなえひろあき)

山梨住まいのFP相談室

コラム

家の性能基準はどう判断すればいいのか?

2020年オリンピックの年。

4月以降に建てる全ての新築建物は
省エネルギー基準に適合していないと

建てられないというルールが
施行される予定になっていたのは
知っていますか?

でも、そのルールは始まる前に
なくなってしまいました。

300㎡未満、90坪以下の家は
基準対象から外されました。

その理由は、

・省エネ基準の適合率が低い小規模な
住宅を対象にすると市場が混乱する。

・光熱費を減らすことで省エネ工事の
資金の回収には時間がかかる。

・消費税の増税を考慮すると
 家を建てる人が少なくなる懸念。

良い家を造るための基準になったのに残念ですね。

省エネ基準をクリアする家はどんな家?


・快適な家になります。

夏の暑さ、冬の寒さから住む人を守り
温熱環境が格段に良くなります。
山梨の気候に対応するための住宅です。


・ランニングコストを節約できます。

断熱性が高いうえ、日射を制御する家
さらに高効率設備を入れることで
ランニングコストを節約します。

つまり、家計の節約につながります。


・人の体に優しい家です。

室内のどこも温度が変わらない家は
体に負担を与えません。
実はこれも家計の節約になります。


・長持ちする家です。

結露を発生させない家。
人の体だけでなく、家も長持ちします。

家の建替え時期が延びることは
最大の家計の節約ですね

省エネ基準をクリアしているKさんの家の話


省エネ基準をクリアしているK邸で
驚く話を伺いました。

この家は38坪の建築面積で
暖房器具はエアコンが一階と二階に
一台ずつの計二台が設置されています。

他に補助的にオイルヒーターが一台。

この冬、驚く事態が発生したそうです。

一月の終わりころ室温はいつもと同じ
20℃くらいを保っていたそうですが、

「なんとなく肌寒い」と感じ
エアコンの吹き出し口に手を当てると
暖かくない風が出ていました。

その時は「室温が設定温度と同じだから
送風モードだな」と思っていたようです。

そして二月の中旬、室温が18℃に
下がったので、エアコンの設定温度を
26℃まで上げてもやはり送風状態。

「さすがにおかしい?」と業者さんに
調べてもらったところ、

エアコンのガスが抜けていて
暖房が機能していなかったそうです。

良い意味であきれてしまいました。

将来、選好される家を今選びましょう


省エネルギー基準を満たした住宅で
今を快適に過ごすことが大切です。

また、将来その住宅が終の棲家とは
限りません。

何かの都合で手放さなければならない
こともあるかも知れません。

そんな時、家を探している人は
どんな家を好んで選ぶでしょう?

将来はあるかも知れない
「省エネルギー基準」を満たした家。

将来の家計のことだけでなく
家の将来も考えた家を選びましょう。

====================

あなたの家庭の適切な住宅購入予算を知る方法

http://yamanashi-fp.com

====================

この記事を書いたプロ

家苗浩明

マイホーム購入&住宅ローン相談のプロ

家苗浩明(山梨住まいのFP相談室)

Share
関連するコラム

家苗浩明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-243-4433

 

お気軽にお問合せください!

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

家苗浩明

山梨住まいのFP相談室

担当家苗浩明(かなえひろあき)

地図・アクセス

家苗浩明のソーシャルメディア

facebook
Facebook

家苗浩明プロのコンテンツ