まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
家苗浩明

マイホーム購入&住宅ローン相談のプロ

家苗浩明(かなえひろあき)

山梨住まいのFP相談室

コラム

家づくりの段取りで一番大事なこと

秋の運動会シーズンですね。

ここ甲府市周辺の小学校も台風24号の
影響で予定していた週末の開催が出来ず
平日や翌週末に変更する学校がありました。

先生方や父兄の役員さんだけでなく
お父さんや、お母さんもお仕事の
調整など大変だったかと思います。

日曜日には台風24号の直撃!

運動会で使うテントだけでなく
建築現場の足場ネットなど

暴風に見舞われることを予測すると
飛ばないように、倒れないように、
風に対する準備は必須でした。

台風に備えていたところは比較的
無事でしたが・・・
想像以上の猛烈な風で

予測はしたけど手を打たなかった所
予測すらしなかった所
多くの場所が被害にあいました。

早く元通りになるのを願うばかりです。

準備と用意ができなかった不安


台風に備える準備や用意と同じように

住宅ローンを借りる瞬間は、
みなさん、少なからず不安を覚えます。

それはそうですよね。
十年単位でローンに縛られる訳ですから。

実は、ここのところ立て続けに

「すでに着工をしています」
「住宅会社は決めました」
「住宅ローンの申込日が近づいています」

という方々からご相談を受けました。

最初にお聞きする言葉が
「不安でしかたがありません」

次に
「建築の相談ばかりに時間と気を取られ
お金のことは後回しになっていました」

最後に
「今からでも将来の家計を知りたい」

判を押したように
みなさん、同じ言葉で、同じ不安を
抱えていました。

相談の順番が間違ってしまったようです。

先を知ることは転ばぬ先の杖になる


住宅ローンの申し込みの直前でも
「先を知っておきたい」
それは用意と準備ができることです。

診断で見えてくること・・・

いつ
どこで
誰が
何を
幾らで
どのようにするのか

当たり前のフレーズですが
お金の面からやるべきことが
見えてきます。

問題があったとしても
意識して手を打つことが出来るはず。

見えない将来の家計を知ることは
転ばぬ先の杖を持つのと同じです。

住宅ローンの「心配」を「安心」
に変えるにはこれしかありません。

転ばぬ先の杖を持つのはいつ?


転ばぬ先の杖を最大限に生かすのには
「不安」から始まる家づくりを
「安心」から始める家づくりにすること。

その順番は

①お金の相談
②住宅ローンの相談
③土地を探す
④建築会社を探す
これが正しい順番です。

よく聞く話のように家は基礎が大切です。
家づくりの基礎はお金の相談です。

建築会社から探した方達が、
不安を残して相談に来られます。

家づくりを計画しようとしている
あなたは、相談の順番を
もう一度考えてくださいね。

「安心」から始める家づくりを
一緒にしませんか。

====================

あなたの家庭の適切な住宅購入予算を知る方法

http://yamanashi-fp.com

====================

この記事を書いたプロ

家苗浩明

家苗浩明(かなえひろあき)

家苗浩明プロのその他のコンテンツ

Share

家苗浩明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-243-4433

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

家苗浩明

山梨住まいのFP相談室

担当家苗浩明(かなえひろあき)

地図・アクセス

家苗浩明のソーシャルメディア

facebook
Facebook

家苗浩明のソーシャルメディア

facebook
Facebook

家苗浩明プロのその他のコンテンツ