まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
家苗浩明

マイホーム購入&住宅ローン相談のプロ

家苗浩明(かなえひろあき)

山梨住まいのFP相談室

コラム

家賃がもったいないという理由だけで家を買ってはいけない

あなたは今、
どんなところにお住まいですか?

アパート?団地?借家でしょうか。

あなたがもし賃貸に住んでいたら
これまで住宅費にいくら支払ったか
考えたことはありますか?

先日、ご夫妻からこんな相談を受けました。

「仕事の関係で山梨へ来て
もう20年以上になります。

当初は転勤族ということもあり
いつ引越しても良いようにと
家を建てる気はありませんでした。

しかし気付けば早20年。

これなら家を建てても良かったん
じゃないかと思いました。

でも気付いた時には転勤よりも
年齢とローンが心配で
今さら一歩を踏み出せません。」

ご夫婦はこれまでに
毎月払ってきたアパート代に
20年という年数を掛けて計算し、
その総額に後悔すら覚えたそうです。

20年、なかなか長いですよね。

どんな展開になっていくのか


このご夫婦は40代半ば。

たとえ今転勤になったとしても
お子さんも大きくなったことだし
旦那様は単身赴任で良いそうです。

アパート代の支払い総額は
ざっと1,500万円以上。

「家を建てられたね・・・」

と思ってしまう気持ちも分かりますが

「賃貸で大丈夫」

と考えながら子育てに追われ、
あっという間に過ぎてしまった時間は
決して間違った訳ではありません。

その時その時で考え出した結論は
正しいのです。
(と考えましょう)

大事なのは

「今からでもマイホームを持ちたい!」

という“今”の決断です。

無理をしない住宅購入のすすめ


このご夫婦がアパートを出て住宅購入を
するならばどうすれば一番良いのか?

少し考えてみましょう。

甲府で土地を探して家を建てるなら
総額3,000万円が一つの目安です。

定年の60才を住宅ローンの完済日と
すると借入期間は15年。

仮に500万円自己資金で
2,500万円の借入れをすると
月々の返済は15万円にもなります(!)

これでは家賃の2.5倍にもなって
家計には大きな打撃となります。

かといって、60才を超える返済には
若干の不安が残ります。

家賃がもったいないからと言って
身の丈に合わない家を買ってしまうと

思いもしなかった住宅ローン破たんを
してしまうかもしれないのです。

そこで候補に挙がったのが
『中古住宅か中古マンション』
でした。

中古住宅やマンションが狙い目である3つの理由


一つ目は、
物件価格が割安ということ。

なぜ割安かというと新築と違い、

『宣伝広告費』
『販売会社の利益』

が価格に上乗せされていないため
価格が割安になります。

二つ目は、
住宅ローンの負担を抑えられること。

価格が安くなれば当然ローンも抑えられます。

仮に、1,000万円の中古マンションなら
フルローンで15年返済を組んでも
月々6万円で今の家賃と変わりません。

三つ目は、
コミュニティの様子がわかること。

これは意外に大きな安心材料で、
新築のマンションの場合、

隣や上下の部屋にどんな住人がいるか
分かりませんが、

中古マンションなら調べてから
購入することができます。

あなたは、今のお住まいから
将来どんな住まいに変わりそうですか?

住宅ローンの返済額だけでなく
ローン完済日も意識した

リスクが少ない住宅購入を
幅広く考えてみてください。

====================

あなたの家庭の適切な住宅購入予算を知る方法

http://yamanashi-fp.com

====================

この記事を書いたプロ

家苗浩明

家苗浩明(かなえひろあき)

家苗浩明プロのその他のコンテンツ

Share

家苗浩明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-243-4433

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

家苗浩明

山梨住まいのFP相談室

担当家苗浩明(かなえひろあき)

地図・アクセス

家苗浩明のソーシャルメディア

facebook
Facebook

家苗浩明のソーシャルメディア

facebook
Facebook

家苗浩明プロのその他のコンテンツ