マイベストプロ山梨
佐々木康雄

和紙とカーボンによる安価ランニングコストの暖房提案のプロ

佐々木康雄(ささきやすお) / 電気式床暖房の販売・施工

佐々木・プランニング

コラム

床暖房を知る豆知識

2021年12月3日 公開 / 2021年12月4日更新

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: キッチンリフォームDIYリノベーション工事

床暖房との出会いは、1992年冬に韓国駐在生活でオンドルのある部屋暮らしから始まります。
ソウル市内自宅近くには、漢江と言う川幅が1㎞程ある大きな河川が凍結するくらい寒い冬でも部屋に入ればオンドルで大変暖かった事を覚えています。

仕事で床暖房を仕事にしようと考えたのは、
出会った床暖房が省エネでランニングコストも大変安価な物で大変素晴らしいと思い、更に自分の韓国での経験から床暖房を大変良い物で必要な物と思ったからです。
今考えれば、不思議な出会いがあったと思います。

今回は、床暖房を検討されている皆さんへ、床暖房をよく知って頂き、
住居を検討する際にお役に立てればと考えてコラムを記載しております。

請るだけの仕事から提案型の仕事へ
当初は、建設会社から図面を頂き、指示された床暖房エリアに床暖房を書き込み、見積書を提出するだけの仕事をしておりました。
施主様と直接にお話をするのは、住宅が完成して設備確認をする際に呼ばれて動作確認と取扱説明をさせて頂くがほとんどでした。
その頃、なかなか床暖房の良さを施主様にお伝え出来なく残念に思ってました。
最近は、工務店様より建築図面を頂いた際には、良いと思う場所に床暖房案を書き込んで図面をお返し、床暖房提案をご説明し、施主様にお伝え頂きそのまま採用頂く事も多くなりました。

私の床暖房提案は、
基本的なリビング・ダイニング・キッチンを中心に要求を頂きますが、
次の内容を提案しています。
①ヒートショック対策で、脱衣所・トイレ・廊下やキッチン回りを提案しています。
②寒冷地向けに、玄関前の凍結防止と玄関の靴乾燥も兼ねた土間床暖房、
        駐車場の凍結防止の土中埋設床暖房などを提案致します。
③タイルで綺麗に内装された場所は、足元が冷えるので床暖房を提案致します。
④大きな窓がある場合は、窓の曇り防止用に提案致します。
⑤浴室洗い場が、ユニットバス以外なら床暖房を提案致します。

床暖房の選択は、
施主様が選定することは難しいので工務店さん任せになると思いますが、
理解した範囲で工務店さんに要望をお伝えするのも楽しいと思います。
よい工務店さんは、必ず床暖房業者に確認をしてくれます。

1:床暖房の大別
・床下熱源を基準にお湯式と電気式となります。
・ヒートポンプ式は、エネルギー変化は電気ですが、
  床下の温水パイプを使用するのでお湯式に分類しています。

2:温水式と電気式の比較
 温水式
・仕組みは、ボイラで沸かした温水を貯蔵し、床下配管を通じて床を加温します。
・取扱会社:パナソニック㈱・㈱ノーリツ・リンナイ㈱・パロマ・パーパス㈱など
・施 工 :屋外にボイラーやタンクを設置し、床下に配管を施工します。
・追加施工:床下配管の高さ調整用スペーサーを床下に施工が必要で、施工費が発生します。
・温度斑 :温水温度は、タンク出口と配管最後ではかなり差があり、温度斑あります。
・電気代 :電気式比較で高価です。ボイラ費用(ヒートポンプ熱交換器費用)+水道料
・修 繕 :ボイラ・タンク・配管ポンプなど機材を使用する為に定期的な修繕が必要です。
・リフォーム:工務店に相談次第してください。
・メリット:給湯設備も兼用している場合は、その分の費用が抑制可能です。
・デメリット:リフォームは、大幅な施工が必要になります。
       トイレや脱衣所のような小さい場所の施工が難しいです。

 電気式 
・仕組み :屋内電源をケーブルを通じて床下発熱体に印加し発熱させて床を加温します。
・取扱会社:パナソニック㈱を含むPTCを使用会社多く、多種の床暖房会社があります。
・施 工 :床下地に発熱体を設置し、通電すると発熱し床を温めます。
・温度斑 :発熱体は均一に発熱しますので温度斑はほとんどありません。
・月次費用:お湯式比較で安価
・修 繕 :メンテナンスフリーで10年保証 外付けコントローラの交換は必要。
・リフォーム:施工可能です。
・メリット:施工期間短い、斑が無い

3:電気式床暖房熱源種類
・PTC:半導体セラミックで自己温度管理をします。
  メリット
   床の上に物を置いたり際に表面温度上昇した場合 自己判断で停止します。
   低温火傷の懸念が少ないです。 
  デメリット:
寒冷地使用では、電源ONから暖房開始まで、電気で本体を温める必要があります。
   その電気代が高額になり、設置後に使用しない方もいらっしゃいます。
   家電大手では、自社暖房機との併用を推奨しています。
・カーボン :周辺温度に関係なく、電源ONで発熱と遠赤外線放射を開始します。
  メリット
   カーボンから放射される遠赤外線は、体内に吸収され体内発熱を誘発します。
  デメリット
   遠赤外線放射を制御出来ませんので、床上に物を置くと含み熱で熱くなります。
   長時間、同じ体勢でいると低温火傷のリスクがあります。

このコラムで床暖房をご理解頂いて、温かな住環境でお過ごし頂く事を願いいております。

この記事を書いたプロ

佐々木康雄

和紙とカーボンによる安価ランニングコストの暖房提案のプロ

佐々木康雄(佐々木・プランニング)

Share

佐々木康雄プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-6685-0230

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐々木康雄

佐々木・プランニング

担当佐々木康雄(ささきやすお)

地図・アクセス

佐々木康雄プロのコンテンツ