マイベストプロ山梨

コラム

靴屋さんと眼鏡屋さん

2020年7月30日

テーマ:足と靴を科学する?

コラムカテゴリ:美容・健康

コラムキーワード: 外反母趾靴の選び方扁平足

もし、眼鏡を買おうと思った場合、

みなさまはどのような手順を踏むでしょうか?



眼鏡を買う手順



① 男性は男性用の眼鏡売り場へ
  女性は女性用の眼鏡売り場へ


② 自分のイメージに合ったフレームを選ぶ


③ 気に入ったフレームを顔の形や耳の位置に合わせて調整してもらう


④ 左右の目の視力の検査してもらう


⑤ 左右それぞれに適したレンズを選んでもらう


⑥ 実際に装着して使用感を確かめる


⑦ かけ心地などを微調整してもらう


⑧ レジで購入する



おおよそこのような感じではないかと思います。



顔に装着するという特徴ならびに

衰えた視力を補うという特徴のある眼鏡の購入過程には

フレームの調整とレンズの調整という大切な要素が入ってきます!
( ③、④、⑤、⑦ )



では、靴を買おうと思った場合はどうでしょうか?


靴を買う手順



① 男性は男性用の靴売り場へ
  女性は女性用の靴売り場へ


② 自分のイメージに合った靴を選ぶ


③ 自分のサイズだと思うものを試し履きする


④ レジで購入する


私自身が靴屋を営む以前の大学生の頃に

量販店で購入した際の実際の手順です。

ちなみに私の足は右足が26.0cm、左足が25.5cmですが、

当時は28.0cmのスニーカーを好んで購入しておりました。

足の健康や、靴によって足に害がもたらされることがあることを理解していない当時の私は

靴は足が入ればよいと単純に考えておりました。



このように、

眼鏡の購入とは異なり、プロの知識を借りなくても

靴は選ぶことも購入することも出来てしまいます。



当時の私と同じように「足の痛み」も「足の変形」も経験のない方にとっては

全く理解できないことかもしれませんが、

足の健康を守るために“靴”が必要となる場合も多くあります。


ではここで、足の健康を守るための“靴”を買おうと思った場合を考えてみましょう。


足の健康を守るための“靴”を買う手順



① 男性は男性用の靴売り場へ
  女性は女性用の靴売り場へ


② 自分のイメージに合った靴を選ぶ


③ 左右の足の長さや幅など外形寸法を計測してもらう


④ 適切なサイズの靴を試し履きする


⑤ 気に入った靴を足の外形の特徴に合わせて調整してもらう


⑥ 左右の足の裏の圧力分布を計測してもらう


⑦ 左右それぞれの足に適した中敷きを調整してもらう


⑧ 実際に着用して使用感を確かめる


⑨ 履き心地などを微調整してもらう


⑩ レジで購入する



しっかりと足の健康を守る必要性を考えてみると、

たった4工程だった「靴を買う」が

9つもの工程に変化してしまいました。


厳密に言いますと、

測定項目は必要に応じて更に多くなり、

また歩行フォームなどにも注目した調整が必要になる場合もあります。



足の外形にフィットし局所的な圧迫を生み出さない靴の調整ならびに

土踏まずを始めとした足裏のクッションを上手く活かすための中敷きの調整

どちらも足の健康を守るための大切な要素になります!
( ③、⑤、⑥、⑦、⑨ )



当店がおすすめしているセミオーダーシューズの場合は、

②が省略され、

まずお客様の足の外形的に特徴を踏まえた上で、

お選びいただくことの出来るモデルをご紹介させていただいております。


また痛みや変形などの症状でお悩みの場合には、

必要な全ての測定を予め行った後に、

最適であると考えられるモデルをご紹介する場合がございます。



そのあたりは臨機応変となりますので、

ご容赦いただけると嬉しいです。



今回は靴を買うについて、

眼鏡を例に考えてみました。



最後までお読みいただき、ありがとうございました m( _ _)m

この記事を書いたプロ

岡洋介

足に靴を合わせるプロ

岡洋介(岡本屋HAKIMONOTEN)

Share

コラムのテーマ一覧

岡洋介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0555-22-1290

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡洋介

岡本屋HAKIMONOTEN

担当岡洋介(おかようすけ)

地図・アクセス

岡洋介のソーシャルメディア

facebook
Facebook

岡洋介プロのコンテンツ