まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
一ノ瀬靖博

快適な住まいを守る屋根工事のプロ

一ノ瀬靖博(いちのせやすひろ)

(有)一ノ瀬瓦工業

お電話での
お問い合わせ
055-262-2771

コラム

ビンテージ古瓦の利用法①

いぶし瓦の魅力

2018年9月1日

皆さまお疲れ様です。。。

久しぶりのコラムになってしまいました‼
イェール大学プロジェクトはまたちかいうちに更新するとして。。。(はや3年前…)汗

今日は古瓦の活用方法を書きたいと思います。

弊社のオフィスの屋根にも使われている¨古瓦¨。。。



こちらは実際に50年~60年ほど使用されていた正真正銘のビンテージ瓦です(´゜д゜`)

屋根替えの際に修理などのためにストックしておく古瓦たち。

昔の瓦は焼きが甘く凍害にあうモノもありますが

その中でも北面屋根で過酷な寒さに耐え抜いた精鋭だけを選んでストックします。

長い時間風雨にさらされて少しづつ経年変化し、独特の味わいある表情を持ったいぶし瓦。



新品の¨いぶし銀¨はしっとりとしてなんとも品のある風格があるのですが

ビンテージ古瓦は建物自体にも表情を与えてくれるオシャレアイテムとなります♪

さて、このビンテージ瓦を使用してほしいとの依頼が来ました。

手掛けるのは、今や韮崎市の¨アメリカヤ¨ブームでご存知の方も多い¨ IROHA CRAFT¨さん。。。

建物はJR韮崎駅のキオスク跡地にオープンする金精軒さんのセレクトショップ(´ω`*)



この工事。。。昼間するには仮の壁の内側でのみの作業とのことで

駅が閉まる12時からの夜間作業となりました…

通常のこのくらいの屋根ですと一人で数時間コースなので…完全にナメきっていましたが...



天井の狭さと仮の壁の骨組みによる、恐ろしいまでの作業効率の悪さでまったくはかどらず。汗



現場監督さんにお付き合いして頂きながら、なんとか朝7時に終了しました(/ω\)

終わるころにはすっかり街も目覚めて、1日の始まりを迎えていましたが。。。

オープンしてから行ってみましたが、存在感のあるお店にビンテージ古瓦が映えますね♪

ということで、庭やエントランスにも使える¨ビンテージ古瓦¨。

皆さんもぜひ自分だけの特別な空間にご利用ください。。。

瓦や屋根に関するご相談は弊社まで。

この記事を書いたプロ

一ノ瀬靖博

一ノ瀬靖博(いちのせやすひろ)

一ノ瀬靖博プロのその他のコンテンツ

Share

一ノ瀬靖博プロのその他のコンテンツ